ブログランキング37

きゅん♡とするおはなし

主に恋愛小説。短編多し。きゅん♡とする話を目指して、日々のストレス発散に書いてます!

  • 記事数 489
  • 読者 69
  • 昨日のアクセス数 8118

恋をする女 35

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2016/11/16 02:12:36

  • 3
  • 0

坂本さんも同僚の方々も、もちろん主役の方もサプライズに大喜びしてくれた。
それから周りのお客さんからも「良かったよ〜」と声をかけてもらったり、サプライズの問い合わせをもらったりした。


こういう瞬間って、本当に何にも変えられないやりがいを感じる。
大変なこともあるけど、やっぱりあたしはこの仕事が好き!


それから数日後のランチ中、あたしはあるお客さんに気付いた。
向こうも気付いて声をかけてくれる。
「いらっしゃいませ」
「この間は本当にありがとうね」

この間坂本さんからのサプライズでお誕生日のお祝いをした主役の方だ。
「お一人で珍しいですね」
「たまにはね」とニコッと笑った。
実は今までそんなに話したことなかったんだけど、優しくていい人そうだ。
背は高めで痩せすぎでもないし太ってもいない。
少しカールのある黒髪で、黒縁のメガネをかけれいる。
まさに大人の男っていう雰囲気。

「辻さんは毎日入ってるよね?何時まで仕事なの?」
あたしの名前知ってくれてたんだ…。
「夜中まで仕事の日もあるし、夕方までの日もありますよ」
「そうなんだ。夜中までは大変だね」
「これでも一応社員なので」
「そうなの?若いから大学生ぐらいかなと思ってた」
「あはは。ありがとうございます」
「じゃあ今度早く仕事終わる日があったら連絡してね」
そう言って名刺を差し出された。
個人のものなのか、携帯の番号とメールアドレスが書いてある。

「じゃ、ごちそうさま」
「あっーありがとうございます!」

スッと立ち上がって、何事もなかったかのようにお会計をして出ていく。


なんか…大人ぁー。
誘い方がスマートっていうか…。


改めて名刺に目を落とすと、結城 徹とあった。


結城さんっていうのか…。


常連さんだし放置も失礼かと思い、休憩時間にお礼のメールを送ることにして、名刺をポケットにしまった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. ふっと私の腰に触れた手やっぱ手だな…(笑)私、昔から...

  2. 次のフットサルの日、あたしはわざと仕事を入れた。…高木さ...

  1. 携帯の番号とアドレスかぁ…。うーん…。まあ、唯一の同...

  2. 出会いⅡ

    2014/09/15

    腕をつかまれたまま、バスのステップにかけていた足を止めて振...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

3/29 編集部Pick up!!

  1. 義両親への贈り物でキレられる
  2. 彼の家に3年も居候している人
  3. 嫁の怒声で義父が優しい口調に

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3