ブログランキング86

恋〜いつか出逢ったあなた〜

登場人物全員が主役。スピンオフだらけの妄想恋愛小説。(大半がなんちゃってバンド系)

  • 記事数 3368
  • 読者 723
  • 昨日のアクセス数 2586

テーマ:小説 > 恋愛

2016/11/16 09:13:59

  • 93
  • 0

11月15日 夜9

桐生院知花


「あ……っ…」

ベッドにおろされて、千里があたしの上に乗った。

「知花…」

着替えなんて持って来なかったし…

今のあたしは、下着をつけてない状態で…千里のスウェットを着てる…

そりゃあ、簡単に…

「…ん…っ…」

簡単に…胸に手が届いちゃう…よね…

「…いい声だ。」

「…や…やだ…あたし…大きな声…」

「もっと出していいぜ?」

「…あっ…ダメ…そんな…」

「もっと聞かせろよ…」

「んっ…あ……っ…」


ああ…やだな…

なんで酔っ払っちゃったんだろう…

今夜は大事な夜な気がするのに…

もっとこう…ちゃんと千里を受け入れたかったのに…

あたし、まだ…お酒残ってる…よね…?


「…………千里?」

スウェットを捲り上げて、あたしの胸に顔を埋めたままの千里が…動かなくなった。

ついでに…力が抜けてるからか…重い。

「……」

…寝てる…?

え…えーと…どうしよう。

とりあえず、隣に…寝かせた方が…


あたしが少し体をずらすようにして動くと…

「…うおっ…あ…悪い…」

千里が起きた。

「…寝よう?」

「いや…抱きたい。」

「でも…」

「ずっと欲しかった。」

「……」

そう言われると…嬉しくて。

あたしは千里の首に腕を回して、続きを…って思ってると…

「…………」

また、重くなった。


あたしはそのまま、千里の頭を撫でる。

千里の事だから、今夜の映像は録画なんてしてない…よね。

明日一度桐生院に戻って、ブルーレイに焼いてもらおう。

一緒に観たいな…

あたし、この時ね、って。

千里にちゃんと伝えながら…一緒に観たいな。


千里の頭を撫でてるうちに…あたしも眠ってしまった。

次に目を開けた時は、千里に抱きしめられてて。

千里があたしから下りたのも、こうされた事も分からないぐらい寝ちゃってた自分に笑った。


…今夜は大事な夜な気がしたけど…

大晦日までは二人きり。

…毎日が特別だよ…


子供達には申し訳ないけど…

あたし…

千里の提案、すごく嬉しかった。


大晦日までは…二人で新婚気分、味わっちゃう。

もっともっと…

千里を好きになる。


もう、好き過ぎて苦しくなんか…なんない。

この上ないほど…

好きになるから。


「…覚悟してね。」

小さくつぶやきながら、千里の顎にキスすると。

「……おまえこそ…」

目を閉じたままの千里が…そう答えた。




起きてたの!?

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 49th 5

    11/14

    11月15日 夜5桐生院知花「…連れてって…」...

  2. 「……」さっきの…目。あたしは、それを見た事がある気...

  1. 49th 2

    11/12

    11月15日 夜2神 千里「…今日はやたらとサービ...

  2. 49th

    11/12

    11月15日 夜桐生院知花F'sの…熱い熱いライヴ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/10 編集部Pick up!!

  1. 若い上司と仕事するのが辛い
  2. 新婚なのに「老夫婦みたい」
  3. 彼「お前は浮気されるだけの女」

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3