凛として生きてく

36年の愛を心の深くで眠らせたい。

  • 記事数 281
  • 読者 73
  • 昨日のアクセス数 201

夕べのこと

しおりをはさむ

2016/11/15 09:36:57

  • 13
  • 0

風邪ひき野良猫君のことが気になり、深夜の街へでた。

お天気のせい?

人一人も歩いてなかった。

急にさみしくなり

見上げてもスーパームーンは厚い雲の中。

250キロ離れてるけど同じ時間に見ようね!と彼からメールあってね、楽しみにしてた。
つぎの18年後には居ないもん。確実に居ない。
私も居ない。

さみしくて泣く。

それはまだ序の口、、、

本当につらいとき、
寂しいとき
吐いちゃう。
体が心が拒否する全てを。

彼にメッセージした。声のメッセージ。

お月さま見れなかったね。
夜の街でネコを探してます。
今夜はやけに静かです。
鹿さんがでるというあなたの所も静寂でしょ?
一人暮らしはさみしくないですか?
おやすみなさい。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 夕暮れのアルプスの稜線白く浮かんだ月眼下に広がるオレ...

  2. 目を閉じれば聞こえてくるあなたの声が呼んでる探してた愛は...

  1. 誰もがあなたを責めたとしてあなた味方するものは大勢居ます...

  2. 彼に 思いきって訊いてみた「私って あなたの何?...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/19 編集部Pick up!!

  1. W不倫が10年バレず続く事に驚き
  2. 小学校の登校班を見て喜んだ理由
  3. 専業主婦を「無職」と呼ぶ友人

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3