凛として生きてく

36年の愛を心の深くで眠らせたい。

  • 記事数 334
  • 読者 83
  • 昨日のアクセス数 276

夕べのこと

しおりをはさむ

2016/11/15 09:36:57

  • 13
  • 0

風邪ひき野良猫君のことが気になり、深夜の街へでた。

お天気のせい?

人一人も歩いてなかった。

急にさみしくなり

見上げてもスーパームーンは厚い雲の中。

250キロ離れてるけど同じ時間に見ようね!と彼からメールあってね、楽しみにしてた。
つぎの18年後には居ないもん。確実に居ない。
私も居ない。

さみしくて泣く。

それはまだ序の口、、、

本当につらいとき、
寂しいとき
吐いちゃう。
体が心が拒否する全てを。

彼にメッセージした。声のメッセージ。

お月さま見れなかったね。
夜の街でネコを探してます。
今夜はやけに静かです。
鹿さんがでるというあなたの所も静寂でしょ?
一人暮らしはさみしくないですか?
おやすみなさい。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. …覚えてる?夜桜を見て 泣いた私を…ずーっと ずーっと...

  2. 105

    12/25

    愛しくて、ほっとけなくて、馬鹿な男。だけど、仕事には真摯で...

  1. ひとり歩く夜の堤防沿い見上げる空に月灯り心でシャッタ...

  2. 雪月花

    2015/02/06

    粉雪の中しんしんとあなたの傘の中で涙して月の満ちる...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

3/27 編集部Pick up!!

  1. 高価なアクセを貰い手が震える
  2. お姫様で居たい義姉が残した伝説
  3. 卵子を買って出産した話に嫌悪感

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3