リア充サバイバル

オタク女とヤバい奴等。

  • 記事数 321
  • 読者 481
  • 昨日のアクセス数 332

テーマ:小説 > 男女関係

2016/11/15 09:57:33

  • 90
  • 0

退職願いの日付は2月末。
社内の人には今は内緒。

『あずさ、忘年会と新年会の場所なんだけど~』

英理子さんが寄ってきた。

最後の忘年会と新年会。
なんか切ない。


そういえば髪型はショートボブにしてもらった。

評価は五分五分。
男性陣はロング好きが多い事を知った。


忘年会で安達が紺野さんに撃沈していた(いつの間に!)

『そういえば、編集長、やっぱりヘッドハンティングされたみたいだよ?いつ居なくなるんだろ』

私のいるテーブルで英理子さんがこそこそと話す

『へぇ…その話マジなんだ』
そこまで興味がないのか煙草をふかしながら黒川さんが言った。

私はなんとも言えずに、黙々と食べる。

『えー、じゃあ、次の編集長誰なんですかね』
安達君がわくわくと。


『確かに』
英理子さんと黒川さんがハモった。

『編集長は飯田さんにやってもらうよ』

編集長がいつの間にか後ろに来ていた。

『僕の唯一尊敬する先輩だからね。』

飯田さんは編集長の教育係だった人。
57歳のベテラン。穏やかで優しい印象。


『編集長にも、人の心があったんだ………』
安達君の的確すぎるコメントで、この話は終わった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 03/14

    中学生活も少し慣れた頃3年生にアイドル並みに人気がある...

  2. その後はお開きになった。連絡先は後ほど女性幹事と男性幹...

  1. 夕食の時に最後の夜って事で先輩達が挨拶しているの聞きなが...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/22 編集部Pick up!!

  1. 彼氏にLINE誤爆され別れを告げた
  2. ママ友に苛々した出来事トップ3
  3. 友人の結婚式に呼ばれず仲間外れ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3