ブログランキング25

ジンさんのセックス~時々 妄想

昔のエロ話書いてます!妄想あり。あの人と再会したら?官能&恋愛小説も書いてます!

  • 記事数 1368
  • 読者 2176
  • 昨日のアクセス数 10404

小説)女心と空模様143

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2016/11/15 08:28:14

  • 111
  • 0

「は!ああ!」
私の秘所をスリスリ撫でると、指が少しずつ侵入を始める。ソコの感触を確かめるように、指先が器用に動く。彼の肩を掴む。顔に彼の息がかかる。
「まだ固いな…」
フッと彼が笑った。乳房の突起をペロリと舐める。
「ん!」
中がジュンと熱くなる。ソコをチュウチュウと吸い始めた。
「ダメ…吸っちゃ…ぁぁ…」
舐めては吸い、また舐める。その繰り返し。ジンジンと下半身が熱くなってくる。

止まっていた彼の指が、少しずつ動き始める。
「ぁぁ…柔らかくなってきた」
私のソコは彼の指を受け入れる。太い指がすっぽり収まってしまった。
「優真……」
「ん…いい顔…」
私の頬をペロリと舐めると、その舌は下へと下りていく。あっという間に、私の秘部に到達した。

「ずっとこうしたかったよ…」
「は…ああ!」
無防備なソコは彼の舌に晒された。舌の感触がダイレクトに響く。
「ふ…ん…」
「ぁぁ…見つけた…」
「あん!」
その舌は敏感な突起を探し当てた。ソコを弄ぶように、細かく舌が動く。体がビクビクと小さく跳ねる。
「ここ…舐めるといい反応する…」
彼の舌に、ソコはピクピクと痙攣して応える。

「ぁぁ…優真…ああ!」
中の指がゆっくり動き始める。
「よく濡れてきた…」
先程とは違い、滑らかに動く彼の指。
「中と…外…とっちがいい?」
「そ…そんなの…ぁぁ…ダメ…」
彼の顔は私のソコから離れることなく、私を愛撫し続けた。

「こっちが好きだよな…」
彼の唇がソコを覆い、チュウっと吸った。
「あ…あーいっちゃうう!」
体に電気が流れる。体に力が入り、一瞬で抜ける。

彼の顔がようやく離れた。私の頬をそっと撫でる。
「気持ちよかった?」
「…ん…」
「優しくしてやりたいのに……哭かせてやりたくなる……」

彼は上半身をあげると、着ているものをすべて脱ぎ捨てた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 私の足元に移動すると、ジンさんは足を開いた。ジンさんの目の前...

  2. 私の手を取り、離れへ急ぐ。扉を開けると、閉まると同時に唇を重...

  1. 意地悪な言葉とは裏腹に優しい眼差し。心が落ち着き、すべてをジ...

  2. 「よく濡れて……きれいだよ…そそられる…」 ジンさんは...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/8 編集部Pick up!!

  1. 働いているのに生活保護受給
  2. 博多の暴走事故は殺人だと思う
  3. 「死にたい」連呼は腹立たしい

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3