*KARI's 小説置き場*

はじめまして♡ KARIと申します。 恋愛小説、リクエストでBLも♡

  • 記事数 141
  • 読者 32
  • 昨日のアクセス数 57

ファーストタイム 11 (花エク)

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 官能小説

2016/11/15 06:19:14

  • 4
  • 0

「アンネ…イテテっ…」

「どこか痛みますの?!
お、お医者様…」

アンネが慌てて外に出ようとベッドから腰を浮かせる。
ハルはそれを阻止する様に、もう一度声を出した。


「大丈夫、だ。それよりアンネ…。
お前…やっと解放されたんだな」


ハルは、動かない身体が恨めしくなった。

アンネの身体に刻まれていた、
メフィストの刻印が消え、
美しいアンネの綺麗な肌が見える。


もう、手袋で隠す必要もないのだ。


「アンネ…。ゴメンな、俺、流石に体力消耗し過ぎて動けねえや…」

「分かってますわ、ハルが治るまで、私はあなたの側を離れませんわ」

「…クソ…」


ハルが苦々しい顏をするので、
アンネは心配になる。


「どうなさいました?
どこか酷く痛みますの?」

「いや…、アンネに自由に触れないのが、
歯痒くて…。

アンネ…
好きだよ」


優しい眼差しでアンネを見つめるハルに、
アンネは想いがいっぱいになってーーーーー



「私も…あなたが、好きです…」



ハルにゆっくりと近づいて、
静かに触れるだけのキスを贈ったーーーー

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

  1. 1

    MyhoneyCin...

    23時間前

    ひみつの恋。

    まきちむ

    記事数 18206 / 読者数 4108

  2. 2

    未来予想図

    5日前

    幼なじみのハルとまお♡

    まお

    記事数 768 / 読者数 3143

  1. 3

    When love ...

    8時間前

    リノ

    記事数 687 / 読者数 1302

  2. 4

関連するブログ記事

  1. 「アッ…!」ハルはアンネの手を掴んで、ゆっくりと亀頭を...

  2. 優太くんはあのときのハルのことを話してくれた。ハルは、...

  1. 蚊帳の外にて三つ指つき「お慰み下さい」と肌襦袢一...

  2. 青年は、朝日を浴びていた。擦り傷だらけの体には枯葉がいくつ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

11/18 編集部Pick up!!

  1. イヤイヤ期の復活で爆発しそう
  2. 子あやし疲れ少し休憩していたら
  3. FBの幸せそうな投稿見てイライラ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3