ブログランキング16

しのぶ

本当の愛は、与えるものでした。

  • 記事数 1039
  • 読者 1175
  • 昨日のアクセス数 21769

テーマ:雑感 > 人間関係

2016/11/14 19:17:58

  • 142
  • 4

暫く無言の状態が続いた。
洋平は挑発してる。夕べの夢も知ってるから、それを言わせようとしてる?

『あのね、こんな事で言い合いしてたら、誰かの思う壺だよ。
悪かった。言えばよかったね。
ごめんなさい。』

『そうじゃねえだろう。
ったく、何考えてるんだよ。
俺がなんにもわからないとでも思ってるのか。

俺だってつい見直したよ。
だけどな違うんだ。まるっきりの別もんだ。

いいんだよ、言えば。
俺がした事だ。それでしのぶがどんな思いをしていたか、痛いほどわかってる。
俺が何をしたって消えることがない程傷つけた。
飲み込んで夢見てくたびれて、冷や汗なんかかきやがって、それでなんでもないだと?
ふざけてるんじゃねえ!

それがわかってる俺はどんな顔してればいいんだよ。
散々言いたくれ言われてチクチクやられる方がどのくらい楽か、わからねえのか。

俺の面の皮はな、そんじょそこらの奴らよりも厚くできてるんだ。
おまえに突かれたってどうってことはない。
そんな事くらいいい加減わかれ!』

そんなこと言われたって、私は未だに抜け出せない自分が嫌なんだよ。
洋平を責めれば責めるほど自分が嫌になる。
俺をわかれって?
なら、私のこともわかってよ。

情けないなあ。一番怖いのがあの人だなんて、他の誰よりも私を壊すのが、未だにあの人だなんて、笑い話しにもならない。

ミネラルウオーターをいっぱい飲んだだけで、そこを出た。

帰り道もほとんど無言。

心配していたマキちゃん。なんとか宥めて帰ってもらった。
仕事が終わらない。
洋平も大事な要件をほっぽり出したようで、藤井さんがきて、何やらやっている。

洋平をがっかりさせてしまったようだ。
私からはもう何も言えない。あの事は、洋平がわかっていたとしても、口には出したくない。

言えば簡単、そんな事はない。言えば言うほど、私は堕ちていく。

たかが幽霊、されど幽霊
あの人から解放される事はないんだろうな。

上手く付き合うつもりが、こんな風に唐突に現れたら、だめだった。自分の弱さを思い知る。

さっさと正体あらわしてよ、この憂さ晴らし、目一杯してやる。

同じテーマの記事

コメント4

しおりをはさむ

  1. しのぶさん(99歳)ID:5594923・11/14

    カノンさん
    うん、わかります。
    わかってはいるんです。

    だけど、もう一歩、それが難しいんですよね。
    悟ったような気持ちでいても、それが確かなことではないと、今日、思いました。

  2. しのぶさん(99歳)ID:5594856・11/14

    アンさん
    ありがとうございます。
    うん、いつでもいてくれます。

    それだから尚更、なんです。

  3. カノンさん(43歳)ID:5594756・11/14

    洋平さんすごいなぁ…。
    「そんなこと言われたって、私は未だに抜け出せない自分が嫌なんだよ。
    洋平を責めれば責めるほど自分が嫌になる。
    俺をわかれって?
    なら、私のこともわかってよ。」
    この言葉を待っているような気もします…。

    お月様の力を借りて、ありのままのしのぶさんに…。
    甘えても、すがっても、全部ぶつけて自己嫌悪に陥っても
    受け止めてくれますよ。旦那さん!!

    って、言いつつ素直になれないで、いばらの道を歩いている私…(汗
    なので、後悔していたりしてます。

もっと見る

関連するブログ記事

  1. 『大丈夫なんだけどね。』ばあちゃんの呟き。『マキちゃ...

    しのぶ

    • 141
    • 4
  2. 洋平がまじまじの私の顔を見てる。やめてくれないかな。そして...

    しのぶ

    • 178
    • 9
  1. 『ったく、何考えてやがるんだ。』洋平の第一声。『洋平...

    しのぶ

    • 170
    • 4
  2. 『わかってるんだ。しのぶがなにを考えているのか。だからこっち...

    しのぶ

    • 184
    • 7

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/9 編集部Pick up!!

  1. 結婚に反対の彼母がノイローゼに
  2. コンビニ店員の発言で客が苦笑い
  3. 同居義母が義弟の家に通い妻状態

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3