ブログランキング18

ジンさんのセックス~時々 妄想

昔のエロ話書いてます!妄想あり。あの人と再会したら?官能&恋愛小説も書いてます!

  • 記事数 1361
  • 読者 2165
  • 昨日のアクセス数 15212

小説)女心と空模様140

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2016/11/14 16:58:29

  • 121
  • 5

タクシーの中でも、繋がれた手は離れることなく、それだけで嬉しかった。彼は北海道での仕事のことや、支社の人達のことを話してくれた。彼が仕事の話をするのは、珍しかった。プライベートとは一線を引いている感じ。

家に着くと、彼が気がついた。
「ん?なんかいい匂いがする…」
「あ!そうだった!!」
ローストビーフのことなどすっかり忘れていた。私は慌てて、ダイニングテーブルに向かった。アルミホイルをとると、塊のローストビーフ。
「えー何これ?ローストビーフ?」
私の背中越しに彼が覗く。
「お母さんに教えてもらって…作ったの」
「旨そうだな…」
「じゃあ…切ってみるね…」

まな板にのせて、包丁を入れると、肉汁がたっぷりにじみ出てくる。

「美味しそう…」
思わず、独り言のように呟いてしまった。ベットルームから彼が着替えて、キッチンへ。
「凄いな…腹減ってきた」
「食べよっか」

ダイニングテーブルを囲んで、夕飯を頂く。ローストビーフと残っていたお総菜。冷凍にしてあったフランスパンを主食に。
「頂きます!」
彼が一口食べる。それを固唾を飲んで見守る。
「ん!…旨い!」
「良かったー初めて作ったから…」
「恵子のお母さん直伝なんだろ?」
「うん!」
「でも……お前が俺のために作ったんだ…旨いに決まってる!」
彼は終始笑顔でペロリと平らげた。

「あ!プリンまだ残ってる!恵子!食べてないの?」
「え?」
食後に冷蔵庫を開けて、彼が一言。
「だって3個も食べたら太るじゃない!」
「せっかくお前のために…あの行列並んだのに…」
拗ねた子供のように私を見る。
「食べる!食べるから!」
「そう?そう!今持ってくからな!」
パっと笑顔になり、ソファでくつろぐ私にプリンを運ぶ。その姿に、私の胸はキュンとなる。

かわいい……

その一言を飲み込んで、私は彼からプリンを受け取った。

同じテーマの記事

コメント5

しおりをはさむ

  1. サヤカさん(100歳)ID:5592919・11/14

    コトネさん
    私も見たいですよ!このままハッピーエンドになるといいなぁ……書いてる私が言うのもなんですがや(笑)

  2. アリーさん(44歳)ID:5592918・11/14

    仲いい二人いいなぁ💓
    こっちまで幸せになります😌

  3. サヤカさん(100歳)ID:5592909・11/14

    ベベさん
    お仕事頑張ってくださいね!
    終業後も読んでよかったって思ってもらえるように、書きますね!
    ちなみに、体はほぼ前回で……ただインフルエンザのため、家から出れず……悶々としています(笑)

もっと見る

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/3 編集部Pick up!!

  1. 友人に「妊活宣言」されて疑問
  2. 夫の前妻が友人とママ友だった
  3. バツ2で4人子持ちの彼にモヤモヤ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3