愛されたいだけなの♡

まゆの淡かった恋愛の記録〜現在まで。

  • 記事数 162
  • 読者 195
  • 昨日のアクセス数 21

2016/11/14 17:45:39

  • 17
  • 0

後ろから私の秘部にあてがわれる
ともくんのもの。

まだ入れてくれない、
先を当てるだけ…。

早く欲しくて腰を突き出してしまう。

「お前はもぉ…かわいすぎ」
そう言うと奥まで貫かれる。

「ぁっん、ともくん…」

ともくんが腰を打ち付ける。


後ろから抱きしめられたまま
ともくんの腕に自ら口に押し当てて
声を我慢する。


腰が当たる音と
隙間から漏れる声がだけが浴室に響く。

「まゆ?いつもよりビチャビチャじゃん。
興奮してるの?」

「うん…お風呂で…初めてだもん…
もっとッッ。」

「エロまゆ。ごめん…俺もう我慢できないや。」

そういうと…
ともくんの腰の動きが早くなる。

私も立ってることで精一杯だった。

「あ、あっぁっん、と、もくん…んっぁん‼︎‼︎」

「あ、まゆッッ…」
ともくんが果てて、
そのまま抱きかかえられる。

「まゆ…好き」

「まゆもともくん大好き…♡」

イッたあと、
いっぱい愛しい気持ちになる。

同じ気持ちでいてくれることが嬉しかった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 「えー、どうしよっかな。」ともくんの意地悪魂に火をつけた...

  2. 肩で呼吸を整えていると、まだ整わないうちにともくんが入っ...

  1. 長い夜 ⑧

    2015/11/14

    ぎゅっと抱きしめながら、背中に優しくキスをするカケル。息が...

  2. 19.気持ち

    2016/01/27

    ともくんとは今まで通り仲の良い友だち。私の気持ちはともく...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

8/17 編集部Pick up!!

  1. 不在時に来た子供が発作起こした
  2. 3年も不倫続ける姉を説得したい
  3. 子あやし疲れ少し休憩していたら

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3