愛されたいだけなの♡

まゆの淡かった恋愛の記録〜現在まで。

  • 記事数 162
  • 読者 188
  • 昨日のアクセス数 55

2016/11/14 10:35:27

  • 19
  • 0

途中でお預けのまま
浴衣に着替えて家族風呂へ。

一度熱くさせられたその体は、
なかなか冷めてくれない。
ムラムラしたままお風呂へ。


先に入った方がいいのか?
それとも後??

悩んだ末、
さっと脱いでパパーっと先に入る。

体を見られることに必死で抵抗。

自信のないその体を
見られるのはやっぱり恥ずかしかった。



「まーゆ。もー見ないからこっち来て?」

近づくとくるっと回されて
後ろから抱きしめられる。

「ほら見えない」

「う…ん…この体勢は体勢で緊張するよ?」


「なんで?」

首筋から聞こえる低い声。
わざと荒い息遣いで問いかけるともくん。

「ここが感じるから??」


首から耳までの筋に唇を這わせる

「う…んっぁ…ともくん…
どんどん意地悪になるね…」

「まゆの理想の男目指したら
こうなるんだけど…??」

後ろからされるがまま
胸を触られ、
下もいぢられ、
でも肝心なところは触らずに、
周りを撫でるだけ……。

我慢できなくなってくるっと
ともくんも向かい合わせになる。

自分からキスをねだってしがみつく。

軽いキスをしてくれた後

「恥ずかしいんじゃなかった?」

ニヤニヤした顔でともくんが笑っていた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 「お風呂入れてくるね!」 アキラさんはすぐにお風呂の...

  2. 私の背中に、洋二郎さんの体を感じた。あったかい。...

  1. 彼と、そういうことになるであろうと覚悟を決めてホテルに入った...

  2. 洋二郎さんの華奢で大きな手が私の胸を優しく触った。大...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/21 編集部Pick up!!

  1. ママ友に苛々した出来事トップ3
  2. 荷物の上に座られてモヤモヤ
  3. 共稼ぎなのに夫が家事をしない

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3