アヤノのフィクションROOM

マイペース更新です💦 ツバサとタケルの恋編

  • 記事数 547
  • 読者 250
  • 昨日のアクセス数 1065

Rei is life 213

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2016/11/16 15:37:01

  • 56
  • 0

イタル先輩と家を出て
ハルとの待ち合わせ場所に向かった


そこは最初にユウヤを振った場所
ハルと付き合うことになった場所
学校近くの公園だった


ベンチに一人座っている人影
あれは間違いなくハル
でもやっぱりレイの知っている姿ではなかった


イタル
「じゃ、俺はあっちのベンチにいるから🎵
ちゃんと話すんだよ?」


レイ
「えっ❗先輩一緒に・・・・・」


イタル
「大丈夫だよ🎵ちゃんと見てる
なんかあったらすぐ行くから🎵なっ?」


レイ
「わかりました・・・・・行ってきます」


スタスタと斜め後ろにあるベンチに行ってしまった
一人深呼吸をし気持ちを落ち着け
意を決して声をかけた


レイ
「ハ・・・・・・ル?」


振り返ったハルを見て言葉が出なくなってしまった


やつれた頬に青白い顔
思ってた以上に変わり果てていた


レイ
「ハル・・・ごめんなさい・・・私のせいで・・・」


ハル
「レイ❗会いたかった❗俺の方こそごめん💦
そして今日はありがとう❗」


レイ
「ハル?ご飯食べてないでしょ?
ちゃんと食べないとダメだよ?体壊れちゃう
ちゃんと寝てる?ちゃんと寝ないとお肌荒れるよ?
ねぇハル?・・・・・」


ハル
「やっぱりレイはレイだな(笑)
俺の事ばっかり(笑)レイを裏切った俺なのに」


レイ
「確かにね?傷付いた・・・裏切られたこと
でもね?大好きだった・・・すぐに嫌いになれなかった
だけど私がピンチの時いつもいつもユウヤ・・・
先輩が居てくれたの。ヒーローみたいに
凄く嬉しかった・・・」


ハル
「そっか。ユウヤ先輩、いつも目で追ってたもんな」


レイ
「それでね?・・・・・・・・・今、付き合ってる」


ハル
「はぁ・・・そうか。やっぱりそうだよな・・・
だけど俺の気持ちも聞いてもらいたい。
いいか?」


レイ
「うん。その為に来たんだもん」


ハルはゆっくりと慎重に話始めた









同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. いつものハルくんじゃなく何となくイライラしてるように見...

  2. しばらく動けずにいたふと気がつくと辺りはうっすらと暗く...

  1. イタル先輩との話が終わり程無くしてハルがやって来たハ...

  2. レイ「私が好きなのはハルくんなの❗」本当は今日返事する...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

4/30 編集部Pick up!!

  1. 義両親に「孫差別」され悲しい
  2. 不妊女性へのベストな対応は
  3. 義母に孫を会わせない仕返し

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3