ブログランキング23

ユキさんのブログ

エンディング♪世界が終わるまでは〜♪のとこをYSB登場選手に置き換えると萌えてしまう

  • 記事数 788
  • 読者 2108
  • 昨日のアクセス数 16308

高校3年生 特別なご馳走

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2016/11/14 23:01:08

  • 292
  • 12

ドレスを脱いだら
オードリーヘップバーンから
平凡な私に100くらいレベルダウン

髪型はオードリーヘップバーンのまま
ばっちりメイクのデコルテキラキラ
着て来たグレーのワンピと
えらくミスマッチだった

また来週
撮ったデータから写真を選んで
写真集を10冊作る

「うちと両家と水木家と監督
 5冊でよくない?
 けいくん配る気かな」
「いや僕からはなんとも…」
「あ、佐賀と宮崎にもいるね!
 それで7冊…あとは?カズくん?」
「いやそれはやめてあげて…」

また今夜開かれる
けいくんの先生いびり会
もうたぶん楽しみなんだと思う

いちゃいちゃしてやろ

栗原家にお泊まりになることは確実
明日は学校だし先生もお仕事
先生的には恐らく近くてラッキー
わたし的には朝の混み合ったバスに乗る憂鬱
隆二と歩く方が楽ちんだった

だから一旦帰って
明日の準備も持って行くことに

リビングの電気を点けて
先生はカーテンを引きながら携帯を見て
「海苔買ってきてだって」
「マイマザー?」
「うん」
娘に言わない謎
「待ってるだろうから急ごう?」
先生は寝室で明日着る服や仕事のバッグを準備した

今朝はあんなに拗ねてたのに
いつもより穏やかで優しい顔

「かなちゃんパジャマは?入れようか?」

もう我慢できない

「ちょっ…」

床に座ってた先生の首にギュッと抱き着いて
唇にかぶりついたら
勢いつきすぎて先生をベッドサイドに壁ドン

先生は私の腰を抱き寄せて
拒むことなく受け入れた

私を溶かす甘いキス

酔いしれて力が抜けそうになった瞬間
先生は唇を離して髪を梳き撫でた

「何で今する……」
「だって我慢できないもん!」
「は?かなちゃんがそれ言う…?」
「脱いでいい?」
先生は大きな大きなため息を2回吐いて

チュッて
終りを合図するキスをした

「みんな待ってるから行こ?
 着替え持っておいで」
「はい…あ!
 うさちゃんパジャマ持ってこ!」

おあずけを食らって家を出発した

信号で停まるたびに先生は手を握って
青になると手を離して
頭をぽんと撫でた



「ただいま~…なんか靴多くない?」
「賑やかだね」
リビングのドアの向こうからは
ガヤガヤわいわいゴチャゴチャがみがみ
私が先に上がると先生は私の靴を並べて
リビングのドアを開けると
先生も上がって靴を並べた

「かなお帰り~!」

「ちはちゃん?!」

「わ、すごいいっぱい」
先生は私の後ろから覗いて

「来た来た主役の!」
「海苔」
はあ?

先生今日はいびられないかもね
こんなにいっぱいいるもん

キッチンではお母さんとお母さんと紗江ちゃん
「お母さんもお酒飲むんだ」
「うん、いつも車だから飲まないけど」
三人でキッチンドリンカー

「お帰り」
美枝子母が海苔を迎えに来て
「先生、先に飲んでごめんね」
「いえ」
「お母さん手巻き?」
「そうよ」

先生は私の頭をポンと撫でた


リビングではお父さんとお父さんに
けいくんとたっちゅん
「先生、お疲れさん
 こっちおいでよ」
「はい」
上着を脱いだ先生
若奥様はそれを自然にとってハンガーに…
「かなちゃん脱いで」
逆に上着を取られてかけてくれる
私のダメ嫁っぷり

ダイニングには
「かなめっちゃ可愛い!」
「裾切れてるやつ初めて見た」
同じこと言う後藤
私をたくさん撮ったお母さんの携帯を
涼太と後藤とみきとちはちゃんは覗き込んでいた

「かなほかには?ドレス一着?」
「お色直しはこれなの」
私の携帯でゴリが撮ってくれた写真

「わぁ~…」

ちはちゃんは喜悦と憧憬の表情でそれに見入って

「ママこれ見たの?」
キッチンに振り向いた
お母さんは手を拭きながら
こっちに回ってきて
ちはちゃんが出した携帯を見て

一瞬表情が止まった

でもそれはすぐ
優しい愛しい笑顔になって


「やだ…可愛い」


お母さんはこっちの方が
見たかったかもしれない

今更思った

「オードリーヘップバーンみたい?」
「オードリーヘップバーンより可愛い」

お母さんは私の頬を
大好きなお母さんの手で包んだ

「みえちゃん見せて」
お母さんは涼太に携帯を渡して
みきと後藤も覗き込んだ

「かな…ちょー花嫁じゃん…」
「みき…」
「やばい感動する…」
「写真集いる?」
「いる…」

「けいくん、みきもいるって!」
「おういいぞ!」
「じゃあ私も!」
リビングで飲んでるけいくんは
「達川さん、彼女がああ言っております
 10万えん」
「高!」
なぜかたっちゅんもけいくんの餌食に

「久々に会った千春ちゃんが
 綺麗なお姉さんになってたのに
 結婚前提とか言うから」
紗江ちゃんが小さな声で言って
「あぁ、ターゲット変更?」
「違うターゲット増量」

けいくんの横に座った先生は
「何してんの」
「枝豆出させてんの」
「小さい…」
ちまちま枝豆を出していた

「ホントすみません」
「いいのよ気になさらないで!」
「紗江ちゃん可哀想…」


出来上がった手巻きの具が
大きなお皿にいくつも
ツナマヨもカニカマも
天ぷらになったカニカマもあった

玉子焼きも沢山あるのに
監督がここにいないのは

寂しかった


つまみ食いした玉子焼きは
監督が好きな甘いのだった


「みぃくんこれあっちに持ってって」
「合点承知の助!」
「あ、ゆうくんこれお願い」
「うぃー」


お母さんたちも寄せ集めた椅子で
ダイニングに座って
別に『おめでとう!』とか『いただきます』とかもなく
なんとなくみんな食べ始めた

「みきどんだけ巻いてんの」
「ご飯がはみ出る!」
「りょうちゃんご飯乗せましょうか?」
「うん」
「敦子さんビールどうぞ」
「まぁありがと!」

「かな?どした?」
「食わないの?
 カニカマ山ほどあるぞ」


「かなちゃんカニカマ好きでしょ?」


そうちゃんが巻いてくれる
カニカマ巻きが好きだった

先生が巻いたツナマヨを横取りするのも好き

天ぷらのカニカマ巻き食べてみたかったんだ

うちは何かいいことがあると
いつも手巻き寿司で


「かなちゃん、こっちおいで」

「先生…」


手巻き寿司はなんだか特別だった


今日は幸せすぎるからかな

すぐ泣きたくなる


「何にする?」

「カニカマ…」

先生がカニカマだけ巻いてくれた

「どうぞ」

「あと…ツナマヨとサーモン…」
「はいはい」


あのね紗江ちゃん

そうちゃんがカニカマ好きだから
私も好きなの

先生がツナマヨ好きだから
今はツナマヨも好き

でも

玉子焼きもお刺身もお肉も

結局何を巻いても好きなの


みんなで笑いあって食べるから

手巻き寿司は美味いのかな


この時間が

特別なご馳走なのかもしれない

同じテーマの記事

コメント12

しおりをはさむ

  1. マコトさん(26歳)ID:5598278・11/15

    みんなに愛着が湧きすぎて、栗原家でみんなで集まるだけでもう泣けます(;o;)

    カントクゥー〜!!!!(;o;)

  2. カオリさん(46歳)ID:5598192・11/15

    ユキさんごめんね🙇‍♀️
    家、床の間無いよう。
    でも、先生の達筆な字を飾りたい🖋
    かなちゃんがときめく連名で
    掛け軸の中心は字じゃなくて、あの場所でのチュー💋写真
    それに先生が文字入れ!ぐふふふふ

  3. ユキさん(32歳)ID:5598184・11/15

    ケイトさん
    カニカマの手巻きが複雑なかなちゃんにちゃんと気づくよね〜
    さすが先生♡

    かなちゃんはずっとおあずけさせてたのに、自分がさせられた気になってるしね笑
    先生ドンマイ

    コメ返にも書きましたが
    掛け軸も販売しております笑
    追い追い壺も販売致します

    ゲヘヘヘヘへ(*¥ω¥)

もっと見る

関連するブログ記事

  1. 「……なちゃ…か…ちゃん…」遠くで先生の声が聞こえた...

  2. 綺麗な黄緑色の人工芝背中合わせに座った私と先生の横には...

  1. 「りかカギ開けれないだろ、離せ」「はやくあけて~」待てず...

  2. 「で、紫藤先生はかなのことを どうお考えで…」けいくん...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/8 編集部Pick up!!

  1. 同僚とのランチで見下された発言
  2. 実母「幸せな娘が許せない」
  3. 逆走してきた対向車から文句

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3