【SSS】シオの道草ブログ

☆シオ短編集☆【悠の詩】ゆるんゆるんと執筆中φ(・ω・*)

  • 記事数 1395
  • 読者 118
  • 昨日のアクセス数 359

漆黒の王女.117 ~エピローグ④~

しおりをはさむ

2016/11/14 21:45:41

  • 7
  • 0

僕は早速、アストラおじさんの所へ通信を飛ばした。親方の家は、まだ親方達は戻ってないはずだと思ったから。

なかなか向こうが受信してくれなかった。知らない所からの発信だから、怪しまれていたのかもしれない。

ツー、ツー、と沢山音を聞いた果てにガチャリ、


【もしもし、どなたですか?ドーゾ】


最後に聞いてからまだ1週間も経ってなかったのに、もうずっと前のような気がする。

信頼の厚いアストラおじさんの声を聞いて、僕は心底安堵したんだ。


「おじさん、僕だよ。サザンです」


【サザン!!】


僕のうわずった声を聞くと、おじさんは歓喜の声を上げた。

その後ろから、アルテとベスタおばさん、そしてなんと、親方とおかみさんの声もあった。


【サザン!無事なのかい!?シーナは!?

あぁもう、妙な胸騒ぎがして向こうを早く切り上げて戻ってきたら、あんた達の姿が無いから、、、!

アストラから知る限りの事を聞いて、気が気じゃなかったんだからねぇ、、、!】


おかみさんがわぁわぁと泣きながら喋るのを、僕とシーナは肩を縮み込ませながら聞いた。

その後で親方が代わり、僕はこれまでの事をかいつまんで話した。


【なるほどなぁ、、、そういった経緯で、シーナは記憶をなくして俺達と出逢ったんだなぁ】


親方は感慨深げに言った。


【なぁシーナ。

せっかく記憶が戻ったというのに、お前さんの住処の城が焼けちまって、、、

サザンと一緒に帰ってこい。また皆で今まで通り暮らそうや】


親方のこの言葉に、じいやさんが憤慨した。


『姫様!

漆黒城を、王とお妃と共に過ごされたあの城を、手離すと申されるか、、、!?

それは、それはなりません、そんな酷な事だけは、どうか、、、!!』


じいやさんの涙ながらの訴えに、シーナもすっかり同調した。


『うん、、、私も、、、お城をあのままにしておけない、、、』


すると、横からアストラおじさんがひとつ提案をした。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. お昼ごはんを作り終えても、まだシーナは帰らなかった。僕は...

  2. 僕の中のザワザワが頂点に達した気がする。そして、様々な推...

  1. 僕とシーナは、じいやさんとイオさんもお世話になっているという...

  2. その数日後、漆黒城の修繕工事が始まった。工事に参加する者...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

7/25 編集部Pick up!!

  1. 浴室乾燥中にシャワーを浴びる夫
  2. 夫に1歳娘の面倒を任せた結果
  3. 不在時に来た子供が発作起こした

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3