【SSS】シオの道草ブログ

☆シオ短編集☆【悠の詩】ゆるんゆるんと執筆中φ(・ω・*)

  • 記事数 1395
  • 読者 118
  • 昨日のアクセス数 359

漆黒の王女.115 ~エピローグ②~

しおりをはさむ

2016/11/14 15:46:04

  • 5
  • 0

『イオ、じいさん、大事な人が見つかってよかったな。

ここじゃゆっくり話せないだろう、まずは俺らの村に来て貰おうや』


もうひとりの男が、イオさんの肩を抱き、じいやさんの背中をさすりながら言った。


『姫様、こっちですじゃ』


じいやさんが涙を拭いながら僕達を先導する。

じいやさん達が現れた垣根の陰に、僕が通ったのとは違う、外部への抜け道があったのだ。

シーナと僕は男たちにおぶられながら、じいやさんとイオさんが代わる代わるに話してくれるのをじっと聞いていた。

シーナがお城を逃げ出したあの日。

異変に気付いた時にはもう、お城は火の海だった。

逃げ遅れた者はもう身を焼かれ、無事な者を確認する暇もなかった。

ただただ、城主様が逃げ込めと言ったこの抜け道を目指して、じいやさんとイオさんは走ったという。

この道は、お城の敷地を越えて、森の中も突き抜けて、とある村の傍まで続いていた。

かくして二人は、その村に身を隠した。突然の陰謀に翻弄されながらも、無事にそれを振り切ったのだ。

でも、お城の事はずっと気がかりだった。

村は少し高台にあって、それのおかげで森は下に見え、お城は遠くにかすかに見えた。

毎日毎日、お城の方角を見つめていて、、、

今日、お城から炎が上がっているではないか、、、!

いてもたってもいられず、、、村の男達の手を借りて、こうして出向いたというわけだった。


『さあ着いたぜ、ようこそ、クルーの村に』


イオさんの肩をずっと抱いている男が、僕達を振り返って言った。

シーナがそれを聞いて息を飲んだのを、僕は見逃さなかった。


「シーナ?どうかした?」


僕が小声で聞くと、


『、、、ママが、住んでいた村だ』


そう言いながら伏せたシーナの目から、涙がひと筋流れた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 僕とシーナは、じいやさんとイオさんもお世話になっているという...

  2. ~side Southern~その後のシーナと僕は。...

  1. X月○日抜け道の存在を知ってから、私は無意図で他の抜け...

  2. 焦げ臭いにおいが風に乗ってやってきた。お城は火事に焼けて...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

7/25 編集部Pick up!!

  1. お土産の催促をする図々しい友人
  2. 夫が「嫁は一番下の立場」宣言
  3. 浴室乾燥中にシャワーを浴びる夫

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3