ブログランキング16

Hypnotic

藤田先生と千晴編。

  • 記事数 166
  • 読者 1141
  • 昨日のアクセス数 21194

115 先生 11

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 官能小説

2016/11/13 14:56:56

  • 111
  • 0

今日は満月か…

ルームミラーから見える丸い月を見ながら、白川の家まで車を走らせた。
俺の車を見るや否や、笑顔で駆け寄ってくる。苦笑しながら窓を開け、コンビニの袋を差し出した。


「白川に差し入れだよ。」

「お菓子?くれるの?ありがとう」

制服を脱いだ彼女はTシャツを着てラフな格好をしている。胸の丸みが強調されているのが気にかかるが、そんなことは注意できない。

義父も見るよな…これじゃあ…。
そう思わされるほど、新鮮で艶めかしい色気を放ちながら、彼女は車の窓に手を置く。

「手を退けなさい。危ないから」

本当に危ないのは俺のちっぽけな理性だが、白川はしゅんと睫毛を伏せて手を離し、胸が痛んだ。


「今夜は満月だよ。月が明るいから、星は見えにくいけどね」


さっきルームミラーから見た、後方の空を指差した。白川は顔を上げてそちらを向き、少し笑顔を見せた。


「今夜は空を眺めながら寝なさい。また明日な。遅刻しないように」

「はい・・・」


右手のボタンを押した。窓が閉まって行く。その間も置き去りにされる捨て猫のような寂しげな目で、彼女は俺を見つめ続ける。


後ろ髪を引かれるような思いで発進させた。


情欲に引きずり込まれまいと逃げ帰るような事をしたが、もしあいつが本当に義父に何かされていて、俺を呼んでいたら…と想像を巡らせる。


これでよかったのだろうか。


彼女の力になる振りをしながら、その生徒に欲情しているなんて、自分でもにわかに信じられないでいた。

……明日は話を聞こう。学校でなら、俺も間違ったりしない。


疲れ切った俺は風呂に入り、リビング横の和室に敷いた布団に横たわる。リビングの吐き出し窓から丸い満月が見えている。

あいつも今頃夜空を見上げてるだろうかと考えながら、グレーのスウェットのズボンを少し下げ、力を失くしている男性器をしごき出す。


昨夜から休みなく白川の事ばかり考えている。
あんなに心配していた浅野のことも、頭から抜け落ちたかのようだ。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/6 編集部Pick up!!

  1. 実家に兄の彼女が住み着き始めた
  2. 同居義母に夫が注意したら半泣き
  3. 好きな男性の家に女物が増えてた

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3