ブログランキング16

Hypnotic

藤田先生と千晴編。

  • 記事数 163
  • 読者 1145
  • 昨日のアクセス数 21194

114 先生 10

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2016/11/13 13:54:13

  • 107
  • 0

―――翌朝。

遅れてきた白川が昇降口にいた。

雨に濡れたのか、棚に片足を掛けて脚を拭いている。
白く滑らかな肌をした太ももがスカートから覗き、目のやり場に困った。

「何て格好してるんだ」

注意したが、白川は動揺もせずに俺を見、ばさりとスカートを直しながら足を下ろした。
その瞬間、煙草のヤニの臭いがほのかに漂った。昨日の甘く俺を刺激する香りとは正反対の…。

とりあえず喫煙したかどうかを確認したが、周りに吸っている人間がいただけだと答える。
そこで正直に吸ってるなどと答えるやつはめったにいない。まあ、白川は吸ってはいなさそうだが。

お義父さんが吸うのか聞いたら、なぜか白川の頬が赤くなった。

……あまりのめり込むなと自分に言い聞かせ、観測会に話題を変えた。
艶のある黒髪を耳に掛けた後、白い指に桜色の爪は承諾書を取り出し、俺に触れる。少しひやりとした指先。白川は口元に微笑みを浮かべる。

「確かに受け取りました。また遅刻になりますよ。急いで」

触れたことになど何にも気付いていない顔をしながら、教室の方向を指さした。




その晩。
学校からの帰宅中、運転しながら信号待ちをしていた俺は、ダッシュボードで震える携帯電話に気付いた。
画面には白川の名前。何事かと思って電話に出た。

「先生」と俺を何度も呼び不安がる彼女を、電話越しで宥める。


『会いに来て……』

その誘いは悪魔のようにすら思えた。引き込まれては最後だ。

「行ってやりたいけど……問題だろ、いろいろと…」

そう答えると我に返ったのか、白川は少し冷静になったように思えた。

今から庭で洗濯物を干すと言う。
一生懸命家事しているけなげな白川の姿が浮かび、顔が綻ぶ。気がつけば、「ちょっとだけ寄る」と口にしていた。


道沿いにあったコンビニに車を停め、煙草と焼きプリンを買い、再び車に戻る。鞄の中にある白いメモ用紙を取りだし、一言「明日話を聞くよ」と書きなぐった。

車には乗せない決意だ。今日は白川の顔を見て帰るだけだ。

―――次あいつを乗せてしまったら。
もう後には戻れない予感がしていた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/6 編集部Pick up!!

  1. 出産予定日を過ぎてプレッシャー
  2. 夫一筋でも「怪しい」と疑われる
  3. 子叱る際「ママのせい」にする夫

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3