ふつふつと

日々の生活で感じた事

  • 記事数 55
  • 読者 12
  • 昨日のアクセス数 12

セシウム以外にも

しおりをはさむ

テーマ:雑感 > 世論

2016/11/13 12:41:13

  • 1
  • 0

ヨウ素131(131I)
131Iを甲状腺に取り込むと、
・細胞が死ぬ
・細胞がホルモンを作る機能を失う
・細胞が形を変えてガンに転化する などが起こる

セシウム137(137Cs)
セシウムは、すべての器官、血管壁、心臓の筋肉、脳などに取り込
まれる。とりわけガンマ線を放出する。
胎盤をとおして、生まれる前の胎児と羊水に取り込まれる。
セシウム被ばくした子どもたちには高血圧、白内障(水晶体混濁)、
慢性の結膜炎、加齢黄斑変性が起こる。

ストロンチウム90(90Sr)
歯や骨に蓄積される。強力なベータ線を出し、骨髄を攻撃する。
骨髄は、血液をつくり出す器官や免疫システムを備えている。
90Srは白血病などを引き起こす。免疫低下により重大な病気を起す。

プルトニウム239(239Pu)
ほこり、水、食品をとおして体内に入れば、肝臓、骨髄、腎臓
などを損傷する。

放射性物質はこれら以外に2000種類存在する。

生物体は若ければ若いほど細胞の分裂が活発。細胞分裂の過程にある細胞は放射線により損傷しやすい。
胎児、幼児は細胞修復機能を持っていないので、損傷した細胞はガンになりやすい。

放射線がどの程度以下なら安全という「しきい値」はない。

しきい値などという概念は事故前はない。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. ワクチンは重篤な副作用の問題があります。あくまでも個人的...

  2. Tampon

    2016/02/20

    タンポンは、入れてる時間を最長3.4時間にしている。なぜなら...

  1. 子どもを大切にする、という意味が分かってない人。ただ側に...

  2. またまたなってしまったカンジダ(๑ŏ _ ŏ๑)↷↷年末、...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

3/28 編集部Pick up!!

  1. 15歳上のママ友の思考に呆然
  2. 妻が作った弁当捨て続けていた夫
  3. 彼が入院 見舞い行くか悩む理由

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3