*KARI's 小説置き場*

はじめまして♡ KARIと申します。 恋愛小説、リクエストでBLも♡

  • 記事数 106
  • 読者 24
  • 昨日のアクセス数 1724

ファーストタイム ⑩ (花エク)

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 官能小説

2016/11/13 07:40:40

  • 3
  • 0

ーーー俺は暗闇を歩いていた。


長く続くトンネルの様な場所…
辺りは真っ黒だが、
トンネルの先に微かに光が見えていた。



いつの間にか雨が降っている。

寒くて凍えていたら、
ふわっと柔らかい感触が俺の体を包んだ。




『もう、大丈夫よ』



ああ…

誰も差し伸べてくれなかった、

暖かい、手…




俺は手を伸ばして、

その人を強く抱きしめたーーーーーーー。















「…アンネ…」

カラダが、重い…
硬くて動かないし、
ジンジンとした鈍痛が、腹部を襲っていた。
光が眩しくて、俺はゆっくりと目を開くと…



「ハ、ハル!!」

涙で濡れた瞳で、アンネが俺を見ている。


「…良かった…アンネ、無事だな…」

「ハル…!
あぁ、良かった…もう、あなたは…
そんな無茶な事ばかりなさって…!」


アンネが泣き続けながら、俺に抱きついて来た。
ヨハンもレイも居たが、人目を気にせず俺を強く抱きしめて来る。
俺も抱き返したいが、
身体に力が入らなかった。



(少しーーー
身体に無理をさせ過ぎた様だ…)



「レイ、ヨハン、ありがとう。
お陰でやっと…メフィストを倒す事が出来た」

「全く、無茶するよね〜、ハル…。
俺、流石に今回は焦った」

「同感です。
今後二度と、こんな作戦は立てないで下さいませ、ハル様。
私の寿命も10年縮みました…」

「すまない、レイ、心配かけてしまったな」

「ハル様の為でございますが…本当に、
あなた様は…。少しは御自愛下さい」


レイの非難めいた声色は、初めて聞いた。
心底心配させてしまった様だ。

俺は、何度も謝りながら、
泣きじゃくるアンネを撫で続けた。







「オイ、邪魔するぞ」

無遠慮なその声の主は、
秘書を従えてズカズカと俺に向かって来た。


「無様な姿だな、ハル。
お前の情けない姿など
幼い頃から見慣れたものだが、
今回は群を抜いているな」


「何だよドロテア、怪我人に鞭打ちに来たのか?」

俺が苦笑いすると、
ドロテアはキッと睨みながら、
フン、と鼻を鳴らした。


「ハル、お前はまだまだガキだ。


ーーーだが、

大悪魔メフィストを倒したのは賞賛に値する」




ドロテアの鋭く、冷たい声が部屋に響いた。





「来月から、お前を、
ヴェールマン家の当主に任命することに決定した。
精進せよ」



「ドロテア…」


「お前は、自分の花嫁も見事守った。
私は実力主義、結果主義だ。
お前は、有言実行出来た。
お前の勝ちだ」


「…慎んでお受けする」


ハルは真剣な眼差しで、
急展開で事態を把握出来てないであろう
アンネを、ドロテアの方へ向かせた。

「あと、俺らの婚姻だな。
これで正式に婚約者として認め、ヴェールマン家当主の花嫁として、迎えて構わないな?」

「ハル…!」

「構わん。お前の好きにしろ。
何なら、愛人も取れるぞ」


「そんな者は永遠にいらないね。

俺の生涯の伴侶は、

俺の妻はアンネ=ロッテただ1人だ」





ドロテアの意地の悪い問いに、
ハルは鼻で笑いながら言い放った。


「ハル…あの…」

「それまでは、弱り切ったその身体を休めよ。
その代わり、雑務はベッドの上で明後日より開始する。
怪我人だろうが容赦しないからな、覚悟しておけ」


アンネはハルに色々と話をしたかったが、
ドロテアとハルの間で話はまとまってしまい、
ドロテアは話は終わりだとばかりに、
秘書を連れて颯爽と寝室から出て行ってしまった。


「ふぁーあ、じゃあ、俺らもお暇するわ、ハル」

「ハル様、アンネ様、何か御座いましたら、すぐに内線でお知らせ下さいませ」

「おう、世話になるな」

「ハル〜、怪我が治らないウチから、アンネちゃんにエッチな事させちゃダメだよ〜?」

「よ、ヨハン、あなた何を言って…」

「それは分かんねーなぁ、な、アンネ。
俺らは晴れて夫婦だからなぁ」


身体は動かなくても、口は良く動くハルに、
アンネはワナワナと羞恥心で震えが来る。


「じゃあまた明日ね、アンネちゃん!
ハルを襲っちゃダメだよ〜」

「失礼致します。おやすみなさいませ」


2人が出て行った後ーーーー。

まるで嵐が去ったかの様な静けさに、
アンネは呆然とベッドの上に佇んでいた…。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/4 編集部Pick up!!

  1. クリスマスに結婚式とかやめて
  2. 彼30代がケチで結婚指輪が1万円
  3. 夫のボーナス三桁って当たり前

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3