First Love〜バイオリン少女の初恋〜

バイオリン一筋だった私が高校生になり恋をしました…

  • 記事数 210
  • 読者 230
  • 昨日のアクセス数 70

叔母とマサの会話

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2016/11/13 21:04:40

  • 27
  • 0

叔母は、マサを責めなかった。

でも「お願いだからミユには二度と

連絡をしないで。ミユから連絡が

あったら、冷たく突き放して」と

頼んだと言う。


マサは…

「それは出来ません。ミユから

かかってきたら、ミユと話します。

ミユには『今自分には大切な人がいる』

と話しました。

でもミユも俺にとっては大切な人ですから」

と言ったそう。


叔母は「私もミユの周りの人間も誰も

マサ君と戻ることを望んでいない。

ミユはマサ君とでは幸せになれないのよ。

だからミユから連絡があったら、お願い

だから突き放して欲しい」

叔母とマサは私の知らないところで

そんなことを話したらしい。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 久しぶりのマサヒロくんの家。母屋のチャイムを鳴らすと、お...

  2. まあ気持ちがもう全然無くなってしまったからにはどうにもな...

  1. 『ふーん…………その後会ったり連絡はなし?』マサさん。『...

  2. マサヒロくんの誕生日。この日も私はバイトに来ていた。母に...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

8/19 編集部Pick up!!

  1. 彼氏にLINE誤爆され別れを告げた
  2. 子連れに謝罪され感じたこと
  3. 荷物の上に座られてモヤモヤ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3