First Love〜バイオリン少女の初恋〜

バイオリン一筋だった私が高校生になり恋をしました…

  • 記事数 210
  • 読者 251
  • 昨日のアクセス数 88

テーマ:小説 > 恋愛

2016/11/12 21:05:19

  • 22
  • 0

あずさ先輩に図星のことばかり指摘され、

仕方ないと思いつつも、悲しくなり、

叔母に泣きついた私。

叔母は…「ミユ、ごめんね。私、マサ君

から相談されて、『ミユの気持ちは

変わらないと思うから、自由になりな』

って言っちゃった…、ミユの本当の気持ち

に気付けなくてごめんね…」と項垂れた。


叔母を責める気持ちは無い。

だって私、本当にマサと別れたかったのだもの。

けれど、マサから相談を受けていたなんて!!!


それならそれで、私に話して欲しかった。

また泣き続ける私。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. ………マサ先輩…来てくれた。『地元でミツに会って…話し...

  2. 『俺…と?二人?何で…?』マサ先輩。『そうです』私。...

  1. 手は繋いだまま…………。マサ先輩は何も話さない。ずっと前を...

  2. 『待ち合わせた公園、行こうか?』マサ先輩 。私が頷く。私...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

2/27 編集部Pick up!!

  1. 横文字の使い方にモヤモヤしてる
  2. 「旦那育て」で夫が父親へと成長
  3. 夫に「この男嫌いだな」と思う妻

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3