ブログランキング9

Fictions

卒業後の千晴と藤田先生編

  • 記事数 370
  • 読者 2017
  • 昨日のアクセス数 34449

111 先生 7

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2016/11/12 15:50:06

  • 145
  • 0

結局、ふたりとも入部することになった。
楽しく過ごしてくれれば、それでいいと思っていた。

ある日の空き時間、職員室から化学準備室に向かおうとしていた時だ。2-Aの教室に人影が見えた。

今は体育の時間のはずだが…
また浅野、サボってんじゃねぇだろうな。

ドアを開けようとしたが、妙な声が聞こえる。中にいるのは一人じゃない。


……誰だ、体育サボってるのは。また藤田先生にネチネチ言われるのは俺だというのに。


鍵が壊れている後ろの窓を開ける。


「………」


目に飛び込んで来たのは、浅野の上に跨って、体操着の中から白い乳房を放り出して柔らかく弾ませながら、片方の先端を吸われて喘いでいる白川の姿だった。

「あんっ、あんっ」

浅野のぎこちないピストンに身を任せ、顔をすっかり上気させている。

おまえら、もうヤッてんのかよ!盛りついた動物か!

楽しく過ごせばいいと思っていたが、…
浅野に場所考えろと忠告するか。あと、避妊してんのかあいつら。

共学化のせいで、今まで考えなくてもよかった問題も出てくる。
それまでは野郎しかいなかったし…

そのまま入室してやめさせてもよかったが、俺にいろいろ見られても、白川が困るだろう。俺はそっと窓を閉めて、見なかったことにした。



――しかし、その日の放課後。


「村上先生、白川さんが倒れてる!」

東野が、職員室まで息を切らせて掛け込んできた。
行ってみると、近くの公園に白川がうずくまっていて、養護教諭の土井先生と東野と3人で保健室まで一緒に運んだ。


「大丈夫かな、白川…」

顔面蒼白で心配する東野に、大丈夫だよと伝えて部活に出させた。

それにしても――…
意識はあるようだが、寝不足なのだろうか。
すやすや寝息を立てて寝ている。

土井先生が具合を見て、「白川さん、今は寝てるだけですね。貧血かな」と笑顔になった。そして、申し訳なさそうに続ける。

「すみません村上先生、私今日は研修があって…」

「そうですか、じゃあ少ししたら起こして、彼女を送ります。保護者の方にも話したいことがあったので」

「ありがとうございます。助かります」

軽く会釈をして、土井先生が帰って行く。
ベッドの脇にある椅子に荒く腰掛け、無防備に眠り続ける白川を見た。

同じテーマの記事

  • 333日前
  • 274日前
  • 294日前
  • 284日前

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. そう言いながらも浅野は、2年になってすぐ天文部に入った。根...

    Fictions

    • 159
    • 2
  2. 翌日――。「ぶえっくしゅん!……っはぁ……」顔の半分...

    Fictions

    • 103
    • 0
  1. 保健室に着き、先生に『先生。。。理由は聞かずに休ませて。お...

  2. 体育教官室は体育館脇にある。放課後寒風吹き荒ぶ中、コンコン...

    Fictions

    • 105
    • 0

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

2/28 編集部Pick up!!

  1. 友人のインスタ見て嫌いと再認識
  2. 他県に馬鹿にされると腹が立つ
  3. 義父がキスしようと必死でウザイ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3