愛されたいだけなの♡

まゆの淡かった恋愛の記録〜現在まで。

  • 記事数 128
  • 読者 205
  • 昨日のアクセス数 806

2016/11/15 12:21:18

  • 16
  • 0

2人ともお酒が入ってることもあって、
無我夢中でお互いを求め合う。

まゆ…
ともくん…

まゆ?
んぁっ、と、も…

まゆ…んぁ
ともく…んぁぁッ

名前を呼ばれるだけで
感じてしまう。淫らな私の体。
お酒の力ってすごい…。

何度もイカされて、
さすがに私もともくんもクタクタ。


「まゆはともくんのものだからね。
離さないで…ぎゅってしてぇ」

「珍しくまゆが素直…。かわいい…」

「いつもかわいいでしょ?ともくん…」

「まゆにはかなわないな。
俺、高校生に夢中になってるって、友達からロリコンって言われるんだぜ?」

初めて聞いた。笑

「そうなの?
ウケる…!いいじゃん♡♡♡
ずっとまゆだけに夢中でいてね??」

そのまま抱き合ったまま
気づいたら眠っていた。



2日目はテーマパーク。

2人とも絶叫系は得意なので、
まずはジェットコースターから。

GWだったので人が多かったけど、
ほぼ乗りつくした。


その時カップル企画も行われてて、
ハニカミデート的な
指示に従って迷路を進むみたいなのにも参加。


そのラストの指示が
男性がいまの想いを伝える。
だった。

みんなの前で言うので
トモくんは照れて嫌がってたけど、

「こんなに愛しく思ったのはお前が初めて。
世界一愛してます♡」

と言ってくれた。

照れてる人が言うにはくさすぎるセリフ。

私は世界一幸せ者だと思った。
最高の旅行だった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/4 編集部Pick up!!

  1. 不倫している30代半ば独女とご飯
  2. クリスマスに結婚式とかやめて
  3. 耳が聞こえなくなって失業した

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3