ユキナのかれし。

イジワルないとこと優しい男友達。

  • 記事数 99
  • 読者 679
  • 昨日のアクセス数 282

ふたりきり、6

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2016/11/12 14:28:43

  • 163
  • 0

ユウくんは勝ち誇った顔で笑ってる。
言い返せないのが悲しい…

いや、でもなっちゃんに限って
そんなことある?
あんな優しいんだよ?


「おまえ、簡単な女だな…
言い寄られたらすぐじゃねーか」

「ユウくんに言われたくない(怒)」



「オレのことは、もういーの?」


ギシッとベッドを軋ませながら
わたしに近づいた。

「オレのこと好きじゃなくなったの」
静かな口調で尋ねてくる。



好きじゃなくなったわけじゃないよ。

恋じゃなくなっても、
一生好きだと思うよ。


カッコ悪くても、
ナルシストでも、
きっと一生
嫌いになんてなれない。


頷けないわたしに
ユウくんはため息をついた。


「…ま、いいや。
どーせそいつにフラれるだろうし」

憎まれ口のなかには独占欲。

わたしだから大目に見てるけど
ふつーならイタイ男子だよ。


「ユウくん、
今までの彼女には
こんな態度とってないよね?
嫌われちゃうよ」

「うっせぇなぁ…生意気言うな。
勉強すっぞ」

「はーい」



ママたちが帰ってくるまでお勉強。

別れたのか別れてないのか、
そもそも始まったのか
そうじゃないのか・・・

あいまいなまま
ユウくんは帰って行った。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 「おまえ…アレだ。遊ばれてんだよ、そいつに」…ハ?...

  2. 「ユウくんさ…人のモノが好きなんじゃない…?」「は?そ...

  1. 23

    09/02

    私「うちらもキャッチボールやりたい!そっち行ってもいい?」...

  2. 「……そう。新しい友達。」…嘘はついてない。なっ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/9 編集部Pick up!!

  1. 入院中 夫に子を預けるのが不安
  2. 年金受給日前の義母の行動に怒り
  3. スーパーのカート押して帰る女性

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3