フィラーナさんのブログ

  • 記事数 28
  • 読者 0
  • 昨日のアクセス数 4

さみしい時に

しおりをはさむ

2016/11/12 01:30:54

  • 0
  • 0

わけもなく、さみしい時に母に貰ったセーターを着る。少し暗めのモスグリーンのセーターは薄手だから大して温かくはないのだが、それでも着てしまう。
私は、弟が生まれてから姉として甘やかされたことがない。いってみれば、母の愛情に飢えていたかもしれない。
毎日、お姉ちゃんだから…と言われ続け、我慢することが当たり前になって
そのお陰で、大抵のイヤなことは我慢で乗り越えてきた。
でも、年齢を重ねていくうちに、これでいいのかな?と。自分よりも相手に合わせてしまう習慣が、自分というものが、しまいには消えてしまう…みたいな恐怖を感じた時、私は変わった。
自分の考えを言い始めた途端に、相手は従順だった私を責めたてる。価値観を相手に合わせてきたものだから、そりゃあ摩擦は起きるだろう。
人嫌いな相手と人好きな私とじゃ、正反対なのもわかってきた。私の得意な我慢もムリだと悟った時が別れの時だ。
やはり、自分と同じような感覚の人を求めている。そして、今も自分の直感みたいなもので、人間をやっている。動物的かもしれないが、それが私なのだ。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. すぐにボロが出て弟も気づくだろうと思っていたのに、どうも...

  2. 「病気で弱っているから〜。」「もしかしたら認知症かもしれ...

  1. 「自分さえ我慢すれば」という自己犠牲は自分と相手との境界...

  2. 弟は体が弱く少し手がかかっただが、父方の祖父母にしてみ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

2/19 編集部Pick up!!

  1. 義母が勝手に球根を植えて帰る
  2. 同居義父がキレイ好きでストレス
  3. 流産してから妊娠を待ち望む女性

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3