ブログランキング67

Fictions

東野君のオフィスラブ。

  • 記事数 393
  • 読者 2067
  • 昨日のアクセス数 5430

110 先生 6

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2016/11/12 13:25:23

  • 148
  • 0

「先生、大変だね…」

白川のその顔…
浅野、嫌われてんじゃねぇか。何言ったんだあいつ。

「可愛いとこもあるんだけどな…」とフォローを入れる。
すると、ありえないという表情で
「可愛いとこあるんですか?浅野君」と聞いてきた。


「素直な所もあるよ。あいつをちゃんと理解しようとすれば。で、お前は何してる?さっさと帰りなさい」


正直言うと、生徒が帰ろうが帰るまいが、そんなことは俺にはどっちでもいいのだが、一応教師らしく言う。

が、白川の表情が途端に曇った。

「帰りたいんだけど…帰りたくないの」


その表情に、妙な既視感を覚えながらも部活の提案などをするが、彼女は一向に納得する様子はない。
でも、だって、と繰り返す彼女。

つい、苛立ちを口にしてしまった。

「そうやって諦めて、ウジウジ後から文句言うの、嫌じゃない?」

「………」

黙られてしまった。
と思えば、白川は急に子供のように泣き出した。

この図はやばい、ちょっと落ち着くまで……目の前の空き教室を開けて、泣きじゃくる白川を中に放り込んだ。


向かい合って座り、落ち着くまで話を聞くことにした。

白川も家庭の事情か。
何も問題のなさそうな生徒だったが、そうでもないようだ。
多感な時期に、こうして自分の居場所を探している姿を見ると、胸が締めつけられる。

無意識によしよしと頭を撫でた。もちろん、全く下心などなかったのだが、白川に大きな瞳を潤ませて見上げられた時、さっきの既視感がはっきりと見えた。

…詩織に似てるな。
もっとも、詩織のほうが美人ではあったけど…

そんなことを考えている自分に苦笑する。


俺は、白川を天文部に誘ってみた。浅野も喜ぶだろうし、今のこの時期を謳歌してほしかった。
今は辛くてもきっと、今を眩しく懐かしむ日がくるから。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 迷い道

    2014/03/12

    考えすぎるたくさんのことをろくでもないことをクヨ...

  2. 彼女の腰

    2015/01/07

    彼女は上から俺を見下ろしただからと言って高圧的な態度や...

  1. GUCCI グッチ イヤホンジャック きらきら iPhone...

  2. 俺の返事に、白川はつぶらな瞳をさらにまんまるにさせた。何だ...

    Fictions

    • 175
    • 0

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

3/27 編集部Pick up!!

  1. 高価なアクセを貰い手が震える
  2. スマホ依存の息子が小2で施設へ
  3. 「雑巾」に衛生面を求める小学校

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3