ブログランキング19

ヒプノティック

下書き。千晴編。

  • 記事数 160
  • 読者 1103
  • 昨日のアクセス数 13282

109 先生 5

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2016/11/11 18:41:35

  • 120
  • 2

そう言いながらも浅野は、2年になってすぐ天文部に入った。
根は真面目な奴なのだ。

「そんなにセンセーが言うなら入部する」と父親が書いた入部届を持ってきた。


4月になってずっと欠席せず登校しているので、母親は家にいるのかと聞くと、浅野ははぐらかすような返事をした。
踏み込みすぎると閉ざしてしまうのはわかっていたので、俺もそれ以上聞くのはやめた。





「村上先生、またあいつサボってたんですがね。教官室まで来るように言ってもらえませんかね」

放課後、体育の藤田先生から声をかけられた。あいつとは浅野のことだ。
高校には来ているが、体育はサボりまくっているようだ。


「すみません、言っておきます」

「いやね、村上さんのせいではないですけどね。あいつは甘えてるんですよ」


藤田先生は苦虫を噛み潰したような顔をして、浅野の悪態を吐き続けていて、俺は中途半端な顔で、その話を聞き流していた。
最初は馬鹿正直に庇っていたが、たてつくと話が長引く上に興奮し始めるのだ。


浅野が甘えてるとは思わない。
あいつなりに、必死で自分の居場所を探している。

…ま、毎回サボられたらイラッともするかもしれないか。


話が終わり、校内をふらついているはずの浅野を探しに職員室を出た。

あいつがいる場所で思い当たるのは、体育館裏の一角。
そこまで行くのに廊下を歩いていると、窓際で、浅野と女子生徒がいた。

…白川といるのか。


「こんな所にいたのか。藤田先生が体育教官室で待ってるぞ。絞られて来い」


浅野は、いつも俺には見せないようなそわそわした様子で、俺は吹き出しそうになった。

「村上先生、うまく言っといてよ」

「面倒くせー、俺は早く帰りたいんだよ。知るか」

「チッ」


舌打ちをして、体育教官室へ行く浅野。
やれやれと溜息を吐くと、白川が憐みの眼差しで俺を見ている。

同じテーマの記事

コメント2

しおりをはさむ

  1. Clariceさん(99歳)ID:5575728・11/11

    スーさん
    ありがとうございます。うれしいです✨
    ただのエロ妄想がシリアスな話に転がっていますが、なんとか着地したいです!😊

  2. スーさん(37歳)ID:5575393・11/11

    引き込まれるー!!
    先生もいい奴だねーせつない( ; ; )続き楽しみにしているよー🌟

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/3 編集部Pick up!!

  1. 30代がカチューシャしたら痛いか
  2. 「婚約指輪」を貰えず自己嫌悪
  3. 夫と同棲する女性に慰謝料請求

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3