ブログランキング74

【小説】ボク恋~大学生編~(BL*R18)

性懲りもなくBLです。BLとは男子と男子が愛し合う事です。ご注意ください。

  • 記事数 1745
  • 読者 475
  • 昨日のアクセス数 3771

最後の夜【336】

しおりをはさむ

テーマ:小説 > BL

2016/11/13 21:45:20

  • 47
  • 2

★ボクはそれでも恋をする★       






シンが帰ってからタクミは積極的に人と
関わるようになり、寮でもすっかり周り
の人と打ち解けていた。

瞬く間に1か月が過ぎ……

クリスマス休暇の前に帰国することに
なっていた。


「タクミン、帰国の準備はできてる?」

「うん」

「じゃ、今夜の送別会は出られるね」

「そういうのあんまり好きじゃないけど、
出席する」


ガクはちょっと驚いて、眉を上げる。


「へぇ、タクミン成長したね。ここに
来た時はズルしてでも出たくないって
いったのに」

「そうだったね」

「はい、俺の服」

「また、貸してくれるの?」

「だって~、タクミンの服って作業着
みたいなのばっかりだもん」


ガクがクスクス笑う。タクミもつられて
笑うがどこか影があった。


「どうしたの?なんか淋しそう」

「え?何でもないよ」

「それならいいけど」


2人は少しおしゃれをして、寮を出た。
この夜のパーティーは大学主催で、
場所も食堂ではなく、本校舎の講堂で
行われる。

会場に入ると、前回とは比べ物にならない
ほど、華やかで、タクミは一気に緊張した。

学生自治会のリズがガクに気がついて
やってきた。


〔ガク!〕

〔ハァイ、リズ〕

〔もう、お別れなのね。淋しいわ〕

〔俺もだよ〕


リズの腰を抱き、甘くささやくガクを見て


……よくやるよ……


と、思っていた。
ガクが行ってしまうと、手持ち無沙汰に
なるタクミ。
飲み物だけ持って、壁にくっついていると、
あることに気が付いた。


……日本では今クリスマスイブなんだな…
  ん?イブ?12月……24日……


「あぁ!!!!!」


大きな声を上げてしまう。


「シンの誕生日……しまった……」


今のタクミは、シンのメールアドレスも
LINEのIDも住所も電話番号もわからない。


「おめでとう……伝えられないじゃん」


ショボンとして、更に壁と同化していった。






△(´・ω・`)ショボン

同じテーマの記事

コメント2

しおりをはさむ

  1. ☆エリス☆さん(36歳)ID:5593321・11/14

    キャロラインさん

    今はリキが完全に吹っ飛んでる
    たっくんですわ(笑)

  2. キャロラインさん(40歳)ID:5590036・11/13

    たっくん、ここはさすがにシンよりリキなんじゃ・・・💦(シンも私も嬉しいけど😏)
    さすがたっくん(笑)

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/4 編集部Pick up!!

  1. 子の発達障害を疑われショック
  2. 氷抜きドリンク注文は貧乏臭いか
  3. クリスマスに結婚式とかやめて

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3