First Love〜バイオリン少女の初恋〜

バイオリン一筋だった私が高校生になり恋をしました…

  • 記事数 210
  • 読者 247
  • 昨日のアクセス数 67

テーマ:小説 > 恋愛

2016/11/12 13:14:11

  • 33
  • 0

そして…

どうにも気持ちがおさまらず

マサに電話してしまった。。

ミ「マサ…なんで…なんで…

待っててって言ったじゃん。

私、あれから色々考えて、やっぱりマサじゃ

ないと無理だって思って…

マサにもう一度付き合ってくださいって

私から言おうと思ってたのに…」


マ「え…、ミユごめん。

ミユを諦めて、前を向こうと思ったんだ。

ミユ、本当にごめん。何でもっと早く…

早く言ってくれなかったの?ミユ…」

と泣き出すマサ。

二人で泣いた。

相手の女の子は、バイト先の同期らしい。

今までずっと気にしていたマイちゃんでは

無いノーマークの子。


まさか…

まさか、マサが私以外の女の子を好きに

なるなんて。。


とにかく悔しかったんだろうな…その時の私。

マサを取り戻したい気持ちで

いっぱいだったんだろうなぁ。


「私、待ってるから」と電話を切った。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. マサが泣いてる!??私は何が起きたかわからずオロオロ…。...

  2. もうマサくんとはやっていけない。限界を感じた私はすぐに行...

  1. それでもマサは叔母に「俺はミユを待ちます。ミユにもう...

  2. なんかマサが嫌で嫌で仕方なかった。とにかくずっと無視。...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

3/30 編集部Pick up!!

  1. 怖いカップルに娘がぶつかったら
  2. 喧嘩中も挨拶を欠かさない理由
  3. 嫁の怒声で義父が優しい口調に

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3