ブログランキング46

ジンさんのセックス~時々 妄想

昔のエロ話書いてます!妄想あり。あの人と再会したら?官能&恋愛小説も書いてます!

  • 記事数 1426
  • 読者 2218
  • 昨日のアクセス数 6433

小説)女心と空模様123

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2016/11/10 20:33:20

  • 151
  • 1

車は街中のコインパーキングに停まった。車から降り、二人並んで歩く。

「わぁ…きれー」
ショーウインドウにはマーメイドラインの純白のウェディングドレス。
「こういうのが着たいの?」
彼も足を止めた。
「……うん…このラインが好きなんだよね…」
「早く……着せてやりたいな…」
「え?」
顔をあげると、彼の優しい笑顔。
「じゃ…とりあえずメシ食いに行こう!」
彼は私の手を引き歩き始めた。繋がれた手が少し熱くなっている。

早く……着せてやりたいなって
あー嬉しすぎて
ヨダレが出そう!!

私は彼の手を強く握りしめた。絡む指1本1本が嬉しくて、私は彼の腕に絡みついた。彼は私の髪を撫でる。
「肉でもいいか?」
「うん!」
「ほら…昨日はたくさん運動したから、肉食わないと、今夜は頑張れそうにない……」
私を見る彼の目がちょっとイヤらしい。

「もう!すぐそういうこと言う!」
「はは…ごめんごめん!」
二人の間に流れる穏やかで優しい空気。北風が冷たいのに、私の頬は熱くなっていた。

着いたのは、昔からある老舗のホテル。
「ここの鉄板焼……最高だから!」
彼に言われるがまま、ついていく。フロントを通り抜けて、奥のレストランへ。そこはカウンターだけの小さなお店。目の前には鉄板がある。

「いらっしゃいませ」
「佐藤です」
「お待ちしておりました。こちらへどうぞ」
一番奥のカウンター通される。

「予約…してたの?」
「ん?……ああ…まぁ」
言葉を濁す彼がかわいい。
「来週は……無理だから…」
来週のクリスマスに彼は北海道へ出張だ。

気がついてたの?
クリスマスのこと……

「ありがと…」
「たくさん食べような…」
「うん…」
彼なりの私に対する気遣い。行事は苦手と言っていたにも関わらず、私の気持ちを考えてくれたことがとても嬉しい。

同じテーマの記事

コメント1

しおりをはさむ

  1. アリーさん(44歳)ID:5569916・11/10

    幸せですねぇ💕💕💕

関連するブログ記事

  1. 車の助手席に乗って、ランチへ。車の中では、部長の手がずっと私...

  2. ひたすら走った一本道から、曲がり角を左に曲がると、お墓が...

  1. 神社を出ると「昼は店を予約してあるから」「えー...

  2. Mako

    2015/06/09

    遠野君が手配してくれたタクシーで指定されたレストランへ向かう...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

3/25 編集部Pick up!!

  1. 友人を泊めた時にされて嫌な事
  2. 自分の子供を「逸材」と呼ぶ親
  3. 会費制の披露宴 金額に驚いた

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3