ブログランキング38

Fictions

東野君のオフィスラブ。

  • 記事数 391
  • 読者 2067
  • 昨日のアクセス数 7858

105 先生 1

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2016/11/10 18:57:38

  • 156
  • 0

生徒を抱いてしまった。


子供だと思っていた生徒は、確実に女だった。
17歳の、一時の気まぐれに乗るなんて、どうかしていた。


どうして見守れなかったのだろう。

どうして俺は、こんなに情けないのだろう。



――白川の、迷子のような不安げな瞳は、詩織に似ていた。




夏が終われば、研究所に戻れる。
最初は嫌でたまらなかった教員生活も、終わるとなると寂しいものだ。


抱いた生徒は、別れた妻に似ていた。
一見大人しく見えるが、色気のある眼差しですっと俺の心を支配し翻弄する。そして、ひどい淋しがり屋。


別れた妻の名前は、詩織といった。



詩織は、俺が勤めていた研究所の事務員だった。
今ではどこでどうしているのかもわからない。俺に気を使って、所のメンバーも詩織の話はしない。

子供はいないまま離婚した。



結婚したのは27の年、詩織は24歳だった。
2年ほど付き合い、結婚したがる彼女に断る理由もなく、むしろ愛しさを覚えながら籍を入れた。

結婚してすぐ、詩織は子供を欲しがっていたが、俺はまだいいと思っていた。
その頃俺は臨時教員となり、仕事が忙しかったからだ。


結婚と共に仕事を辞めた詩織だったが、近所のパートなどを見つけてきては、ちょこちょこと働いていた。俺は仕事の忙しさにかまけて、彼女の事を放ったらかしだった。

週に数回愛し合っても、どこか物足りなさそうな彼女に気付いてはいたが、朝になるといつも通りだし、特段不満もなく、仲よく過ごしているのだと思っていた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 07/07

    准くんが…准くんが…爆弾発言した…。女欲無かったけど、仕事...

    戯言

    • 0
    • 0
  2. 彼女が結婚した時はこんなおっさんと一緒にならなくてもいいのに...

  1. 残り2人について。おでっちさん43歳独身・離婚歴...

  2. 結婚するはずだった旦那が、いつものようにうちに来た。珍しく...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

3/24 編集部Pick up!!

  1. 少子化について語る男性に苛々
  2. TV撮影参加に嫌み言ってきた先輩
  3. 隣人の子に挨拶無視され寂しい

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3