ブログランキング56

【小説】ボク恋~大学生編~(BL*R18)

性懲りもなくBLです。BLとは男子と男子が愛し合う事です。ご注意ください。

  • 記事数 1759
  • 読者 472
  • 昨日のアクセス数 4602

怖いとチャラい【335】

しおりをはさむ

テーマ:小説 > BL

2016/11/13 21:42:36

  • 32
  • 5

★ボクはそれでも恋をする★      




2人がほっこりとしていると、ガクが
戻ってきた。


「タ~クミン。お話終わった?」

「ガクさん。気を使わせてしまって、
すみません」

「いい顔になったね」


タクミの腕に絡みつくガクをシンが睨む。


「ねぇタクミン、この人怖い」


チョンチョンと指さす。


「大丈夫だよ。シンは優しい人だから」

「えぇ~、そうかな」


シンをジト目で見る。


「墨田さん。タクミにベタベタしないで
下さい」

「ほら、怖いじゃん。元カレの嫉妬」

「そんなじゃねーし」


タクミはシンに向かって微笑みを浮かべる。


「大丈夫、シン。ガクさんは見た目チャラい
けど、中身もチャラいから、本気でボクを
どうこうしようなんて、思ってないよ」

「うわ、タクミン、酷い」

「違う?」

「あながち間違ってない」


このやりとりを見て、シンも安心する。


「チャラい墨田さん。タクミをよろしく
お願いします」

「チャラいはいらない。フフッ、でも、
滞在中は俺が守るから。安心していいよ。
元カレ」

「それ、カンにさわる……元カレ……って」

「それなら、俺だって、チャラいっての
カンにさわるぅ」


気がつけば、意気投合するシンとガク。
帰国して再開できたら、さぞかし愉快な
仲間になれるんじゃないかと、タクミは
思うのだった。







それから数日、タクミは時間があれば、
練習をみていて、高校時代を思い出していた。

そうしていると、シンが地元へ帰る日が
やってきた。


体育館の横にスクールバスが止まると、
コテージから、マークウッド大学の部員たちが
ゾロゾロと出てきた。

タクミは見送りをしようと、体育館の前で
待っている。

シンは一番最後に出てきて、バスに荷物を
積み込み始めた。


「シン!」


タクミに呼ばれ、振りかえると、パタパタと
手を振っていた。
シンは走っていって、抱きしめたい衝動を
抑え、手を振り返す。


「タクミ、頑張れ!」

「うん、シンも頑張れ」


バスのステップに足をかけ、もう1度振り返り
シンが親指を立てた。

タクミは全身でエールを送る。


プシュー


扉がしまり、砂埃を残して、バスは去って
いった。







同じテーマの記事

コメント5

しおりをはさむ

  1. ☆エリス☆さん(36歳)ID:5593319・11/14

    マイコさん

    ですよね。ですよね。

    では、この後、もうひと「ジーン」
    ですよ( ̄ー ̄)ニヤリ

  2. ☆エリス☆さん(36歳)ID:5593318・11/14

    ニノンさん

    やっぱり、タクミとシンは
    友情という絆が似合うのかも
    しれないですね。

    このあともうひと「うるうる」
    ( ̄ー ̄)ニヤリ

  3. ☆エリス☆さん(36歳)ID:5593316・11/14

    キャロラインさん

    いえいえ、こちらこそ、ありがとう
    ございます。

    男同士だからこそできる友情では
    ないでしょうかね。男女では絶対
    無理ですもん。
    別れた後の友情……( ̄ω ̄)

    このあと、もうひと「ジーン」です。
    ( ̄ー ̄)ニヤリ

もっと見る

関連するブログ記事

  1. …………270「橋元さん、迷惑をかけてごめんなさい...

  2. 告白 [137]

    2015/11/07

    …………137シンに体重をかけられ、体が徐々に...

  1. …………133大型バスが合宿所を後にする。数時...

  2. …………283シンの元へタクミが帰ってきた。 ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/11 編集部Pick up!!

  1. 新婚なのに「老夫婦みたい」
  2. 保育士の発言で嫌な気分になった
  3. 不妊症で子が産めないダメな娘

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3