リア充サバイバル

オタク女とヤバい奴等。

  • 記事数 321
  • 読者 415
  • 昨日のアクセス数 2114

テーマ:小説 > 男女関係

2016/11/10 15:08:39

  • 54
  • 0

会社から帰りの電車に揺られながらぼんやりと考えている。

黒川さん大丈夫かな~。


編集長が散々おどかすから、さすがに心配。

気付いたら私の家の最寄り駅を通り越していた。
次の駅は黒川さんちの最寄り駅。


いやいや、気付いたら来ちゃいました☆とかキモい。
折り返しの電車は…

電光掲示板を見つめていると

『おい、なにやってんだよ』

後ろから声がかかる。

『あ、生きてる………』

無傷な様子の黒川さんがいた。

『話つけてきたから。』

『そうですか……』

『何?心配してたのかよ?』
ニヤリと。

『えっと、じゃあ散歩の途中です。』

『こんな時間に散歩かよ。サキに会ってけば?』

『サキちゃん!行きますー。あ、変なことしないで下さいね。』

『変なことねぇ………』
あきれた顔で笑う。



とにかく、無事でよかった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 東北道の路面の悪さに サキの体が心配だった。サキが友達と...

  2. 電車に揺られながら、ふとさっき見送ったサキの後ろ姿を思い出し...

  1. 突発性難聴になったサキ。思い返せば その兆候があったのに...

  2. 「やばっ、サキちゃん!もう八時になる!」「えっ?ホントだ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/11 編集部Pick up!!

  1. 親の葬式で泣いたら「恥さらし」
  2. 寒いと言うならお洒落を我慢しろ
  3. 東京都民じゃなくて良かった

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3