ブログランキング23

ユキさんのブログ

エンディング♪世界が終わるまでは〜♪のとこをYSB登場選手に置き換えると萌えてしまう

  • 記事数 787
  • 読者 2106
  • 昨日のアクセス数 16308

高校3年生 担任不在のHR

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2016/11/10 19:45:14

  • 264
  • 23

次の日監督は5時に家を出て行った

「かな、俺もう行くからな」
「うん…」
「鍵閉めて行けよ」
「行ってら…」
監督は布団にくるまる半目の私の頭を
ホントに猫でも撫でるような顔で撫でて

「洗濯してって」

耳元で愛の言葉を囁いて
出て行った

それから二度寝して
万年閉めっぱなしのカーテンと窓を開けて
一応ある掃除機で掃除をして
寝室の端から端にロープを張って溜まってた洗濯物を干した

「パンツ何枚持ってんの」
先生のパンツを干すのは
未だに『ウヒャッ!』って照れるのに
監督のギャグみたいな星柄のパンツは平気だった

洗濯ものでじめじめの寝室
暖房をタイマーにして家を出た


学校に着くと
「かな、はいこれ」
「おお!やったー!」
「何々?」
涼太がくれたのは新品の水着と帽子と
「これこれ!」
憧れのスイミングバッグ

「うっわ!それ懐かしい!」
「みきもまた行く?」
「行かね」
「かな、水着ピンクでよかった?
 ピンクにしたけど」
「ピンクもあるの?」
「黒かピンクだって」
昨日申込用紙を出してくれた涼太
「全部名前書いてくださいだって」
「はーい」
「今日から行く?」
「行く!」
油性ペンで名前を書いた

「ちょっこれかぶってみろ」
笑いますって顔に書いてある隆二
袋から出したのは緑のスイムキャップで
「オタマジャクシ?」
「げ~ちょー懐かしい!」
「潜れますレベルの印」
可愛いオタマジャクシのワッペンがつけてあった


「始めるわよ~席について~」

担任は早朝から行ってしまったから
出席簿もって現れたのは

「ぷ」

「お前覚えとけよ
 あとでその顔ぶん殴る」
「女子にそんなこと言わないで下さ~い」

みさき先生が来たから
私の方がニヤニヤしてしまった
だって隆二は私の隣
教卓の真ん前だし

やりにくそうなみさき先生
たぶん知ってるのは私と監督だけ

「え~っと、じゅ…嶺先生は
 今日から遠征でいないから」
「悪いことするなら今のうち?」
体操部のチャラい人
「今のうち」
みさき先生も乗って
「そしたら試合どころじゃなくて
 呼び戻されるけどね」
「やだやめてよ~」
隆二、普通にしてればいいのに
目線が落ち着かない

「文化祭の申し込み今日までだけど
 何もないですか~?
 お店、展示、ステージ」
2年生までは絶対何かしなきゃいけなくて
3年生はしてもしなくてもよかった
毎年野球部のパン屋さんで働いて
1年の時はダーリンとうどんを食べて
しんちゃんと田沢さんと4人で回った
去年はダーリンと屋上でサボった

『頑張れよ』

聞こえないはずのダーリンの声
あの笑顔が浮かぶ


「はい!やる!」

「は?え?かなちゃん何?」
「出た、突拍子病」
「何かしようよ~最後じゃん」
「いいね姐さん!俺やる!」
「りっくん!」
「俺も~!極道の続きやろうぜ」
「キムラん!」
「姐さんお姫様役かなんかでやろう」
「いいの?!」
「舞台決定かよ」
「や…かなちゃん淳一くんに
 聞かないでいいの?」
「いいのいいの
 監督はデスピサロ役にしとくから」

「ほかやるやつ~」

やはり戸惑うクラス

「かな雪姫と7人の子分」
「デスピサロどこに出るんだよ」
「やっぱ俺たちも入ってるのか」
「みさき先生お姫様の方が合う」
「確かに~!」

「あ、じゃあみんな
 1組クラスみんなでやろっか!」

鉄板の可愛さで
みさき先生がみんなに言って

「表に出るのが苦手な奴は
 裏方でいいしな」
目が泳いでる隆二が言った

「プ」
「お前マジ殺す」

こうして担任がいないうちに
1組は文化祭で何かしら舞台をやることに決めた


その帰り
学校から少し下ったファミマで
「肉まん~」
「俺もスイミング行こうかな」
「かな、俺のアメリカンドッグと
 交代で食おう?」
「食う食う!」
ぞろぞろとみんなついてきて
コンビニ買い食いの腹ごなし
ここにスイミングの送迎バスが来る

「お前そのバッグ目立ちすぎ」
「恥ずかしくない?」
「涼太もお揃いでからおうよ~」
「いや」
ファミマの前で座り込み

「こっち見てね?」
「誰狙い?」
女子の集団は反対側の歩道から
ハートのひそひそでこっちを見ていた


「栗原さーーん!」」」


「お前か」
「私か」
「手ぇ振ったれ」
ニコッと手を振ると

「キャーー」
「可愛い!」

「男子に言われたい」
「お前のファンは部屋でこっそり
 お前の写真見て…」
「ピーしてるタイプ」
「ピーって?」
「隆二、先生に怒られっぞ」

「涼太今日は夕飯食べていく?」
「あ…今日はダメ
 真っ直ぐ帰らなきゃ」
「そうなの?紗江コン?」
「うんまぁ…」

「圭吾アメリカン」
「はい」
「あーん」
「ケチャップついてるぞ」

「あ!バスきた!」

イルカの絵が描かれた小さなバス
涼太と二人乗り込んで
窓から手を振った

「涼太彼女かよ〜」
「ヒューヒュー」
「古っ!」
先に乗ってたのは
大道の制服と前浜高校の制服
涼太は2人がけの席に
私を先に座らせて横に座った

「スイムバッグ買ったの?」
「名前は?」
色々聞かれるのを涼太か答えてくれて
いくつかバス停に停まって
しばらくあとに乗ってきたのは

「涼太…」

柏木さんだった

「あ、柏木こっちとうぞ〜」
「涼太今日は彼女付きだし」
「いいよ!私1人で座れるし!涼太どいて!」
「いいって」
「だって…!」

涼太の世界を邪魔したいわけじゃなかった

柏木さんは目を伏せて
前の方に黙って座った

雰囲気が悪くなったわけじゃなくて
みんなそのまま普通だったけど
私は気になって仕方なかった

バスは15分くらいでスイミングスクールに到着
柏木さんは降りたらさっさと行ってしまった

「かな、俺はかなと座りたいし
 かなと一緒に帰る」
「でも…」


「スイミングの日はかなは俺のもの」


いたずらっぽく笑って
涼太は左手で私の手を繋いだ


「おーい!
 いちゃこいてないで行くぞ~!」

「かな行こう?」
「うん」

こうして
天国か地獄か

私のスイミング生活が始まった

同じテーマの記事

コメント23

しおりをはさむ

  1. フローレンスさん(45歳)ID:5575720・11/11

    3年1組の最後の文化祭、監督にとっても、かなちゃん達にとっても、最高に記念になる舞台、劇かな?になるといいね!
    そして、みさき先生と隆二にとっても、最初で最後の思い出の文化祭かな?

    なんか、auのCMを連想してしまった(笑)
    鬼ちゃんや、桃太郎、金太郎……いっぱい出てくるの。

  2. ユキさん(32歳)ID:5572410・11/11

    カリンさん
    ぼくかなちゃんといっしょにすわりたい!
    って昔言ってそう笑
    でも後藤にだめ!って言われる笑
    よわっちい涼太は泣く泣く
    クラスの女子と座る笑

  3. ユキさん(32歳)ID:5572368・11/11

    アガサさん
    監督のパンツ干したいよね〜笑
    生田斗真ばりの涼太に俺のもの宣言されたらイチコロ笑
    かなちゃんくらい、なびかないの笑

もっと見る

関連するブログ記事

  1. 「いやーーー!!いかないーーー!」朝6時いつも通り起き...

  2. 「かなさん、これはどうなりますか?」「ん?これはね…」後...

  1. 「お前はバカなのか」「バカだとは思ってけど ここまでバカ...

  2. 普通にねお昼までは練習8:00集合でアップしてメンバ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/8 編集部Pick up!!

  1. 夫を本気で怒らせてしまった
  2. 金ないアピールする友人に疲れた
  3. 息子がギャン泣きで泣きたくなる

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3