ブログランキング93

コウ☆のんびりと♪

日常のことやお話を書いてます…ショートストーリー執筆中♪

  • 記事数 2509
  • 読者 139
  • 昨日のアクセス数 2626

撮られる女71-2

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 男女関係

2016/11/11 10:36:58

  • 11
  • 0

………

※エッチなお話になります
 苦手な方はスルー願いますm(_ _)m
♪゜・*:.。. .。.:*・♪♪゜・*:.。. .。.:*・♪♪゜・*:.。. .。.:*・♪










柊羽から離れて…



「おい…何でそっちに
入ってるんだよ?」



「嫌だ…」




「何でだよ?」



「だって…」


恥ずかしがっていると



傍に柊羽がやってきて



「もう…お前の裸見てるんだけど?」



何で?そうやって


「ストレートな言い方しか
出来ないの?」



私が怒って
離れようとしたら



しっかり抱きしめられて
首筋にキス…


身体中に痺れていく…




「お前の事が好きだからだろ?」



「か、関係ないでしょ?」



「くっついた方が
暖かいだろ?」




誤魔化されてる感…半端ないんだけど…




顔を思いっきり
両手で抑えられ
柊羽の方に向けて



唇を重ねる…




「んっ!あぁ…」



キスに酔いそう…




私も柊羽に抱きついて
キスをすると



「美月?俺を煽ってるのか?」



ん?えっ?


私は下を見ると



あーっ!



おっぱいが思いっきり
柊羽の身体に…



バシャ…




私は柊羽から離れた…





「何で?離れるんだよ?」




柊羽がまた寄って来て
すっぽりと入るように
私を抱きしめ



耳にキス…



「あぁん…」



「可愛い…美月…」




音を立てながら
耳を攻めてくる…




「だ、ダメぇ…耳ばっかり…」



「気持ちいいだろ?」



そう言いながら


指では乳首を転がし
弄ぶ…



「んーっ!」



声が出せずに
我慢する



ククっ…



「もっと気持ちよくさせてやる…」



指が乳首から
私の気持ちいい場所へと


ゆっくりと
降りて行く…


敏感な身体が…


その指にまで感じてしまう…



蕾に指が当たり
ゆっくりと刺激する



「やっ!…恥ずかしい…」



「大丈夫…俺たち以外いないから…」



そういう…ことじゃ…なくて…



思考回路がおかしく…なり始めていく…





柊羽の指は私の蕾に
刺激を与え続けた…



波がやってくる…



「んっ!…柊羽?
イっちゃ…う!」



ビク… ビクン…



身体を痙攣させながら
私は達してしまう…










………

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/3 編集部Pick up!!

  1. 友人に「妊活宣言」されて疑問
  2. 1歳5か月イヤイヤ期来そうで不安
  3. 乳児がいる家庭の休日の過ごし方

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3