【SSS】シオの道草ブログ

☆シオ短編集☆只今小話執筆中、時々雑談...φ(・ω・*)♬

  • 記事数 1231
  • 読者 104
  • 昨日のアクセス数 342

漆黒の王女.113 (1200記事、到達!)

しおりをはさむ

2016/11/11 12:22:07

  • 6
  • 2

風向きが落ち着かないまま、グライダーは空中でクルクルと旋回する。

凧のしっぽの様にぶら下がるサザンと私は操縦する術などなく、風任せになるしかなかった。

やがて風向きが定まって、私達は城から離れた方へ飛ばされた。

でも所詮ひとり乗り、段々と地面が近づいて、園庭の所でグライダーは不時着した。

グライダーが私達に覆い被さる。

サザンがそれを横へ放って、サザンと私を繋いでいた命綱を解いた。

磁石が反発するみたいに私達の身体が離れて、同時にへなへなと腰を落とす。

もう火は届かない。遠くで城が燃え盛る。


『シーナ。

シーナ。

生きててよかった、、、っ』


そう言ったサザンの目には、涙が溜まっていた。

流れたようにも見えたが、違った。また空から雨が落ちてきて、その雫がサザンの頬を伝ったのだ。

サザンの言葉で、色んな事の決着がついたのだと感じる。

そしたら、今まで胸に閉じ込めていた思いが、一気に溢れ出した。

サザン。

サザン。

私。

私。



「ごめん、


サザン、ごめん、


ザザが死んじゃった、


私の身代わりになって死んじゃった、


ザザを家に帰してあげられなかった、


ああああ、


ザザ、ザザ、、、!!」


それこそ子供のように泣きじゃくった。

私の頬にも雨が打って、涙と水でぐしゃぐしゃになった。



『シーナ、


シーナ、


シーナのせいじゃない、


シーナのせいじゃない、、、っ、


うああ、


ああああ、、、っ!!』


きっとサザンもずっと水面下で我慢していて、たがが外れたに違いなかった。

私の耳の横をサザンの両手が通り過ぎて、立ち膝で私の頭をしっかり抱え込んだ。

空をやや仰ぎながら嗚咽が止まらないサザン。

その声は雨音と私の叫ぶ声で掻き消されたが、サザンにくっついているから骨を伝う振動で手に取るように分かる。



サザンが私の頭を抱える強さと同じに、私もサザンの腰を抱き締め、片方の手をサザンの背中に押さえつけるように置いた。



雨が強まり、止血の布がじんわりと血に滲んでも、



涙が枯れるまで、私達はそのままだった。





《Continued to another of view・・・》

同じテーマの記事

コメント2

しおりをはさむ

  1. シオさん(38歳)ID:5573286・11/11

    コウさん♪

    お仕事の休憩中に見て下さったんですか(゜∇゜)しかも涙まで、、、ありがとうございます、物書き冥利に尽きます(>ω<)
    あともう少しだけ、シーナとサザンを見守って下さいね(*´ω`*)

  2. コウさん(99歳)ID:5573255・11/11

    シオさん♪

    1200記事到達、おめでとうございます*ଘ(੭*ˊᵕˋ)੭* ੈ✩‧₊˚
    今、仕事場で1人別室にて
    お昼を食べながら読んでました…

    涙が出でしまって。・゜・(。´ノω・`)。ウウゥゥ
    助かって良かったけれど、ザザがぁ…と思うと
    鼻がツーンとして…感動しています
    まだ続きますが、感動をありがとうございます‼︎

関連するブログ記事

  1. サザンがゆっくり窓に向かうのに合わせて、引きずるように身体を...

  2. ケアンズ9

    2015/07/18

    パロネラパーク。ケアンズから南に約100キロのイ...

  1. 冷たい雨

    2015/01/21

    私の地方は、冷たい雨が、けっこう、降っています。...

  2. 雨夜。

    2015/04/05

    ポツリポツリしんと鎮まる木陰に響くパタッパタッ葉陰に...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/11 編集部Pick up!!

  1. ギャンブルする人に金を貸し後悔
  2. 不妊症で子が産めないダメな娘
  3. 隣から「うおー」と男性の叫び声

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3