愛されたいだけなの♡

まゆの淡かった恋愛の記録〜現在まで。

  • 記事数 128
  • 読者 205
  • 昨日のアクセス数 563

クリスマス⑤

しおりをはさむ

2016/11/11 01:14:54

  • 15
  • 0

呼吸がまだ整わず
放心状態のわたし。


それを観察するように
見守るトモくん。

「な、なに?」

「ずっとその格好でいてほしい」

「やだよ〜‼︎改めてそんな見られると恥ずかしいから…」


「だってまゆがエロすぎるもん。
待受にしたい。」


「無理‼︎‼︎無理だからッッ‼︎‼︎笑」


そう言いながら、
さっき果てたばかりの
トモくんの息子が
息を吹き返してるのに目がいく。


そこで何かスイッチが切り替わった私。

トモくんの息子に舌を這わす。


「ま、まゆ…?!」

「トモくんビンビンだよ??」


エロスイッチが入った私は
止まらなくなって夢中で
口に含む。


ちゅーっとそれを吸い上げると
トモくんがそれを制止する。

「ま、まゆ…おまえ…。」

そう言うと
私を上に乗せる。

まだ濡れているそこは
すんなりトモくんを受け入れる。


そして
エロスイッチ作動中により
夢中で腰を動かす。


トモくんの手ほどきを受けながら、
ゆっくり動いたり奥まで入れたり

私の気持ちい所を見つけると
下からトモくんがついてくる。

「あっ、だめ…イッちゃう…」

「またいくの?
ここが好きなんだなまゆ…」


「んっっぁんっ…ん〜ぁッッ」

イク瞬間に
乳首をつままれて
声にならなくなった。


そのままトモくんが私を押し倒し、
腰を動かし続ける。

「まゆ…あいしてるよ。」


そう言うと
トモくんも私の中で果てた。

初めて言われるアイシテルだった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/5 編集部Pick up!!

  1. 幼い頃からの夢の結婚式に悩む
  2. 交際7年 結婚したいと思っていた
  3. クリスマスに結婚式とかやめて

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3