*KARI's 小説置き場*

はじめまして♡ KARIと申します。 恋愛小説、リクエストでBLも♡

  • 記事数 141
  • 読者 34
  • 昨日のアクセス数 88

ファーストタイム ② (花エク)

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 官能小説

2016/11/10 21:26:42

  • 4
  • 0

「ど、どうって…」

「カッコよかった?」

「…ええ、って、これ、
前にもお話しましたわよね?」

「もう一回聞きたかったから、聞いてるんだ」

「何回も言うのは恥ずかしいわ!」

「………」


ハルの澄んだ翠色の瞳が、真っ直ぐに私を射抜く。

嘘がつけない、
ごまかせない雰囲気に怖気付きながらも、
私は必死で意地を張ってしまう。

こんな私…
自分でもうんざりするのに…


「俺さ、背が伸びたと思わないか?
この前測ったら、夏から10センチも伸びてた」

「ええっ?!10センチ?!」


私はビックリして思わず立ち上がってしまった。
確かに、確かに、、、
ハルはここ数ヶ月で、急に背が伸びたと思った。

いつの間にか、ハルのつむじが見えなくなって来て、
目線が近くなっていたのだ。


「俺も今年は13歳になる年だからな。
まだまだ伸びるぞ」


ニヤリ、と不敵に笑うハル。
ふいに、未来のーーー
17歳のハルの顔がダブって見えて、
私は心臓がドキッ!と弾んだのが分かった。


(ほ、本当に成長してきてる…!!)


丸みを帯びた頬が、少しずつシャープな形に変わり、
骨格もガッチリしてきて、手はもう私より大きい。


そんな、私がドギマギしている様子を、
ハルはなぜか冷静に観察していた。

時折、納得した様な、
妙な表情をしながら、見つめてくる。


(何を考えているのかしら…)


私は、またハルの膝の上に無理やり乗せられながら、
エッチなイタズラを仕掛けてくるハルの手をつまんで
やり過ごしていた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. ディナーショーに出かける前にハルちゃんの前でお化粧をしまし...

  2. ハルは私のこと、キライになったんだと思ってた。でもハル...

  1. 「ぅんん…ダメだよ。。。ハル。。」漏れる吐息と熱くなり始め...

  2. 【前書き】この作品は、『時の悪魔』の続きになります。現...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

3/25 編集部Pick up!!

  1. 不倫相手の妻から嫌がらせ受ける
  2. 知り合いの犯罪行為を目撃した
  3. ママ友から急に「旦那貸して」

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3