リア充サバイバル

オタク女とヤバい奴等。

  • 記事数 321
  • 読者 448
  • 昨日のアクセス数 264

テーマ:小説 > 男女関係

2016/11/09 22:10:18

  • 60
  • 0

編集長はだいたい朝は編集部の誰よりも早く会社に来る。
朝イチは喫煙所にいる。

『おはよう、黒川。早いね』

こっちが煙草をくわえた瞬間、ライターをさしだし、火をつける。

『どーも』

何を考えてるのか読めない。
恐ろしく頭のきれる3つ上の先輩。
入社当初の俺のあこがれだった。
美月と別れてから、編集長とは距離を置いていた。

『なんか話があるんでしょ?』
なんでも見透しているような目。

『美月の連絡先教えてください』

『会うんだ?』
スマホを操作しながら、面白そうに聞く。

『はい。』

『また昔みたいに逃げるのかと思った。……送ったよ』

『どうも』

用が済んだのでさっさと喫煙所を出ようとすると


『美月は妊娠なんかしてなかったよ。そもそも浮気自体が狂言だったんだよ。』


『何でそんなことを?』


『それは美月から聞けば?』


じゃあ、と言って編集長が先に出て行った。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 「…?タケダ先輩、ひと芝居って何ですか?」「ま、それは...

  2. 16 認識

    2014/12/09

    毎朝背中を追っかけて一緒にエレベーターに乗る朝のラッシ...

  1. 『白崎、黒川となんかあった?』朝イチで編集長に昨日の原稿を...

  2. ズレ⑥

    2015/11/06

    「バンビがここに乗るって言って来たぞ…っておい。お通夜かよ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

6/23 編集部Pick up!!

  1. 元夫が「孤独死」と知った
  2. 終活中「遺されて困った物」は
  3. 車庫の前で井戸端会議され困る

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3