ブログランキング43

【小説】ボク恋~完結編~(BL*R18)

性懲りもなくBLです。BLとは男子と男子が愛し合う事です。くれぐれもご注意ください。

  • 記事数 2258
  • 読者 550
  • 昨日のアクセス数 6270

爆弾投下【331】

しおりをはさむ

テーマ:小説 > BL

2016/11/11 17:02:41

  • 52
  • 4

★ボクはそれでも恋をする★       





「ここじゃマズい。場所をかえよう」


シンはタクミを引っ張り、会場を出た。当然
ガクもタクミについて外に出た。

寮から外にでて、正面にある広場へ向かう。



辺りはもう薄暗く、広場の明かりが煌々と
3人を照らしていた。


「そっちのお前」

「ガク。墨田ガク」


ガクが自分の名前を言う。


「墨田。ちょっと席はずして」

「やなこった」

「は?」

「貴様が誰だかわかんねぇのに、俺が
タクミンから離れるわけないだろ」


タクミの肩を抱き寄せる。
その、姿にシンの血液が逆流する。

グッと拳を握り、深く深呼吸して、もう1度
言葉を発した。


「俺は小和田シン。タクミとは高校の同級生
だ。これでいいだろ。しばらく2人にさせて
くれ」

「ダメ」

「こいつ、下手にでてればいい気にりやがって」


イラつきを露わにする。
ガクは嫌そうに視線を彷徨わせてから、シンを
斜めににらむ。


「そういう俺様的なやつって、平気で人を
傷つけるから、2人にはさせられない」


タクミを自分の後ろへ隠す。


「偉そうなことを……とにかく、タクミを
よこせ」

「………」


無言の抵抗。


「じゃあいい。タクミ、そこでいいから聞け。
アメリカまで何しにきた。

交換学生?そんな事してる場合なのか?お前の
専門分野ってそんなだったか?

もっと、根っこを広げて、やることあるんじゃ
ねぇのかよ」


タクミは何も言えず、ガクの後ろで小刻みに
震えていた。


「そいつと付き合ってんの?やけに仲良さそう
だったけど。どこで知り合った?何やってる奴?
どこの誰だよ!!!!」


シンの大きな声に、タクミの体がビクッと跳ねる。
今まで黙って聞いていたガクが口を開く。


「もしかして、タクミンとシンちゃん、付き合って
た?今の彼氏の前に…」

「今の彼氏?」


シンの逆流している血液が沸騰を始める……。







△Σ( ̄ロ ̄lll)

同じテーマの記事

コメント4

しおりをはさむ

  1. ☆エリス☆さん(36歳)ID:5578672・11/12

    ベネデッタさん

    これで、ここにリキがでてきたら、
    エリスの仕込み過ぎですね(笑)

    安心してください、でませんよ。

  2. ☆エリス☆さん(36歳)ID:5578669・11/12

    キャロラインさん

    えへへ。
    シンのこれでもかーってくらいの
    シンが出てきますよ(笑)

  3. ベネデッタさん(100歳)ID:5576831・11/12

    カオルさ~ん???そっかーリキさ~ん!!

もっと見る

関連するブログ記事

  1. ガチ【39】

    2016/06/29

    ★ボクはそれでも恋をする★         体育館...

  2. 告白 [137]

    2015/11/07

    …………137シンに体重をかけられ、体が徐々に...

  1. 朝 [348]

    2016/02/08

    …………348シーツを握っているタクミの手を広げ...

  2. ★ボクはそれでも恋をする★       ユウキは...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

8/23 編集部Pick up!!

  1. 誤爆LINEした彼を信用できない
  2. 不倫相手と関係切れていなかった
  3. 割り込みして並ぶ子供にブチギレ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3