ブログランキング33

【小説】ボク恋~完結編~(BL*R18)

性懲りもなくBLです。BLとは男子と男子が愛し合う事です。くれぐれもご注意ください。

  • 記事数 2261
  • 読者 551
  • 昨日のアクセス数 9222

我慢の限界【329】

しおりをはさむ

テーマ:小説 > BL

2016/11/11 16:46:44

  • 36
  • 0

★ボクはそれでも恋をする★       





会場に一人残されたシンは、ジュースを持って
明かりの当たらない隅の壁にもたれかかった。


「アイツ、この中にいるのかな…」


毒々しい色のジュースに口をつけて、マズい
と独り言をつぶやきながら、会場を見渡す。

すると、ひときわ賑やかな人の輪の中にあの
赤い髪の男をみつけた。


「あっ、あのヤローだ」


背伸びをして、その男の周りをみると、体に
隠れてよく見えないが、茶色い髪で背の低い
男が見えた。


「あ……」


シンは弾かれた様に、壁から離れ、一歩踏み
だすが、動きが止まった。

赤い髪の男と手をつないでいて、時々顔を覗き
込まれモジモジする姿が見えたからだ。

しばらくすると、輪から離れ、ドリンクバーへ
移動する。シンもこっそりその場を離れ、2人
に近づいていった。


「手、つなぎっぱなし……」


シンの内側にドロドロと、何かが渦を巻き
はじめる。

カクテルを手渡され、一口飲みパァ~っと
破顔するのを見て、胸がジリジリと妬ける。

極めつけは、赤い髪の男の顔が近づき、
今にもキスをしそうになったのを見て、シンは
走り出した。





「ガクさん、それ早く飲み込んで」

「~~♪」


後頭部に手をかけられ、逃げ場のないタクミ
はギュッと目を瞑った。
これはキス確定と諦めた………その時


「ざけんなよ!!!」


という、聞き覚えのある声とともに、ガクの
気配が消えた。


「えっ?」


驚いてタクミが目を開けると、そこには大きな
背中が映り込んできた。







同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. ★ボクはそれでも恋をする★       タクミと...

  2. ★ボクはそれでも恋をする★       タクミも...

  1. ★ボクはそれでも恋をする★       「お前、...

  2. ★ボクはそれでも恋をする★       3区間だ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

8/24 編集部Pick up!!

  1. 子あやし疲れ少し休憩していたら
  2. 3年も不倫続ける姉を説得したい
  3. 「17歳下の妹」が大好きな彼氏

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3