ソフィー家の食卓

基本ひとりごとモードでボチボチ再開中^^*

  • 記事数 457
  • 読者 19
  • 昨日のアクセス数 133

テーマ:家庭 > 家庭生活

2016/11/09 08:40:17

  • 2

私もギリギリの崖っぷちを歩いた経験があります。



堕ちるのはたやすいことでした。



だけど、

どちらの道を選ぶのかは、やはり本人の選択でしかないのです。


親に対して怒りを抱え、

大人の汚さがビンビンと響いてくる年頃。



怒りに任せて堕ちようとすれば、

迎えてくれる仲間はいくらでもいた。



そのギリギリのところで、

自分の人生を考えられるかどうか。




結局、本人が選んでいくしかない。


そして、かつての私がそうだったように、

私の子供も人生を捨てられないはずだ。



ウザくて仕方ない親がいても、

あったかい家を捨てられないはずだ。



親をウザがり、怒りを抱えながら、

母がトントンと野菜を切るまな板の音。

朝早くから聞こえる父のウガイや咳払いの音。

そう言う日常に、ほっとしてた。



だから、私もいつもと変わりなく、

たけしと喧嘩しても、

子供を怒鳴り散らしても、

いろいろある日常を続けていく。



それが家だし、

みんなが戻る場所だから。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 夫婦不和

    2016/08/27

    このブログはいつもとテーマを変えて。 私の両親は、私が...

  2. 人生とは誰もの?それは本人のもの。けして親のものでは...

    days

    • 0
    • 0
  1. そのあと、、祖父も祖母も戻ってきたわけだけど、、話を聞...

  2. 借金も返し終えてやっとやっと夜ゆっくり眠れると心からホッとし...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/17 編集部Pick up!!

  1. 不倫相手と関係切れていなかった
  2. 子あやし疲れ少し休憩していたら
  3. 妻を家政婦扱いする夫に呆れた

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3