ソフィー家の食卓

基本ひとりごとモードでボチボチ再開中^^*

  • 記事数 393
  • 読者 16
  • 昨日のアクセス数 114

テーマ:家庭 > 家庭生活

2016/11/09 08:40:17

  • 2

私もギリギリの崖っぷちを歩いた経験があります。



堕ちるのはたやすいことでした。



だけど、

どちらの道を選ぶのかは、やはり本人の選択でしかないのです。


親に対して怒りを抱え、

大人の汚さがビンビンと響いてくる年頃。



怒りに任せて堕ちようとすれば、

迎えてくれる仲間はいくらでもいた。



そのギリギリのところで、

自分の人生を考えられるかどうか。




結局、本人が選んでいくしかない。


そして、かつての私がそうだったように、

私の子供も人生を捨てられないはずだ。



ウザくて仕方ない親がいても、

あったかい家を捨てられないはずだ。



親をウザがり、怒りを抱えながら、

母がトントンと野菜を切るまな板の音。

朝早くから聞こえる父のウガイや咳払いの音。

そう言う日常に、ほっとしてた。



だから、私もいつもと変わりなく、

たけしと喧嘩しても、

子供を怒鳴り散らしても、

いろいろある日常を続けていく。



それが家だし、

みんなが戻る場所だから。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 子供

    12/01

    『子供は親の進化型』とは良く言ったものだ。子供らは私の出来...

    主観

    • 0
    • 0
  2. いいお天気です 紫外線が心配になります。今朝の人生案内...

  1. 子供達の道徳に、なぜ、大人達の都合で、政治的イデ...

  2. 陵「そういう点では俺よりも藤の方がちゃんと理解してたのか...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

6/26 編集部Pick up!!

  1. 求婚されてないのに婚約指輪貰う
  2. 「股擦れ」で早退する男性社員
  3. 7年に渡る不妊治療で泣いた女性

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3