再会から7年の物語

私が⁉ 妻なのに好きな人が出来ました。

  • 記事数 134
  • 読者 239
  • 昨日のアクセス数 308

瞬の優しさ

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2016/11/10 20:46:01

  • 42
  • 0

「ミナ?…………ミナ!……」

「あっ!ん?」

「何?ボ〰〰っとして(笑)コーラ飲みたい(笑)」

「はぁ?!…………ご飯の時はお茶!…………嫌いなんだっけ?💦……ウーロン茶飲もうねぇー(笑)」

「コーラが良い!それかジンジャーエール(笑)」

「可愛い顔してもダメ!…………はい!ウーロン茶!」

「えぇ〰〰〰〰〰〰〰〰💦💦」

「子供かぁ〰〰(笑)……ちゃんとして!」

こんな感じは
ウザいのかなぁー?
と、思いながらも
食事中はお茶か水!
は、譲れない‼

「ケ〰〰〰〰チッ!💦💦」

「ケチで結構です!!(笑)」

先輩の話をしたり…
おでんや心太もある
小学校近くの
駄菓子屋の話をした

「飯食いながらこんなに喋ったの久しぶりだよ(笑)……旨かった!ごちそうさま(笑)」

「良かった!(笑)ごちそうさま!」

その夜は
二人でお風呂に
入って
朝まで爆睡

朝はコーヒーだけで
良いって言うから
コーヒーを飲んで
瞬のお母さんの
お墓参りに

「秋のお彼岸には早いけど……二人で来れて良かった!!」

「そうなの?💦💦」

「だって~私の事、お母さん誰かわからないよなぁーってずっと思ってたから💦💦」

「あぁーなるほどね(笑)…………お母さん!ミナ!です!宜しく‼(笑)」

「💦💦ミナです!宜しくお願い致します‼」

「終わり!!(笑)行こっかぁ~」

「あっ!うん……」

今でもはっきりと
瞬のお母さんの
顔は思い出せる

いつも笑ってた……

「瞬はお墓で何か話すの?お母さんに!」

「へぇ?💦💦……話さないけど?なんで?」

「話さないの!?…………」

「話さない…………へぇ?💦💦ミナ話すの?」

「話す💦💦こんにちは……とか、元気ですとか、思い出話とかを心の中で💦💦」

「お前…………バカなの?(笑)」

「何でよ!!!💦」

「ここに居ないんだよ!死んだ人は(笑)そんな歌があるだろうに(笑)……」

「あるよ!知ってるよ!💦じゃぁ~お墓に何しに来るのょ!」

「掃除したり線香あげたり!そんだけだよ(笑)」

「そうなの?💦💦皆?」

「でしょ!(笑)」

「私いつも喋ってたよ💦💦」

「(笑)……まぁ~決まりはないから良いとは思うけど(笑)」

「お母さんに語りかけたりしないの?」

「しない‼お墓ではね(笑)……でもいつも、何かしらお母ーならどうする?とか問いかけてるかな💦💦…………いつもその辺にいる気がするからな(笑)」

「…………」

「?…………泣いてんの?💦💦」

「その通りって思った!私もお父さん!お父さんなら何て言ってくれる?どうする?って思う時あるもん!」

「泣くことじゃねぇーだろうが!💦」

「思い出したの!!バカ!💦」

「オレが?ばか?💦」

「たまには良いこと言うねぇー💧💧」

「心の中に居る!みたいな事言う人居るけど、それもよくわからん‼ただ、毎日思いだすんだよなぁー…………おかぁーの事は!それが1番だと思うよ!(笑)……泣くな!お父さん心配するよ!!ほら!行くぞぉ!(笑)」

瞬の後を小走りに
ついていく

「コラ!墓で走るな!転んだら長生きできねぇーぞ!(笑)」

「そーなの?💦💦」

慌てて歩く

「意外にジーさんみたいな事言うんだね💦」

「うるせぇー(笑)」

嘘か本当かは
知らないけど
お墓で走るのは
やめた
きっと走ると危ない
って思った大人が
子供に言ったのが
始まりだと思うけど💦💦

「さて!帰ってエッチでもするかぁ!(笑)」

「しないから(笑)駄菓子屋さん行ってみよう!まだやってるかな?(笑)」

「どうかな?行ってみるか?(笑)」

駄菓子屋は
まだ営業していた

おばぁーちゃんが
一人でやってる店
なにも変わらない

「こんちはー(笑)」

オバァーチャン「…………」

瞬「こんちはーーーー!」

オバァーチャン「!!あれ!いらっしゃい!」

瞬「ばぁーちゃん寝てた?」

オバァーチャン「寝てないよ!耳が遠いだよぉ(笑)さぁーさぁー座って!(笑)」

丸椅子が
4脚
昔とかわらない

オバァーチャン「心太は?冷えてるよ!」

私「じゃぁー1人分!カラシたっぷりで(笑)」

瞬「ばぁーちゃん!オレ、カステラちょーだい!」

オバァーチャン「はいょー(笑)」

瞬「ばぁーちゃんが元気で良かった!(笑)15年ぶりにきたよ!」

オバァーチャン「そこの小学校の子かい?」

瞬「うん!二人ともね(笑)」

オバァーチャン「そーかい……ならサービスしないとならんねぇー(笑)……おでんの卵食べなさい(笑)」

私「ホントに?(笑)ありがとう!(笑)」

瞬「ばぁーちゃんはボケないね!毎日、計算してるから!(笑)……あと2ヶ月もすれば冷えるから体大事にしてよ!また来るからさぁー(笑)」

オバァーチャン「ありがとうねぇー(笑)たまに見にきておくれょ!元気がどうか(笑)」

瞬「はいょー(笑)」

瞬は自分の
おばぁーちゃんと
重なったんだろう
おばぁーちゃんの
体調を気にしていた……

あの頃と
何も変わらない
駄菓子とおばぁーちゃん

懐かしい話が
出来て良かった!

帰り道

「瞬……来月また山中湖行こっかぁ~(笑)」

「いいの?」

「もちろん‼時間が許す限りおばぁーちゃんとお話して!(笑)……いっぱい話してあげる事が大事だから(笑)」

「ありがとう(笑)」

私の祖母も
元気に暮らしている
なかなか逢えないけど

たまには、顔見にいかなきゃ


…………

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. コーヒーが出来上がるまで大下さんは楓ちゃんを質問ぜめ。...

  2. 思い

    09/15

    カラオケにいるマナミ達と合流した私「ゴメンね(笑)」...

  1. 「朝まで一緒に居られる?」「オレは大丈夫だょ!ミナは?」...

  2. ~ダディ編~ダディの番になって...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/11 編集部Pick up!!

  1. 夫が毎日パチンコ通い家計を圧迫
  2. 認知症の義母に腹が立ってきた
  3. 過疎化が激しい地域で悩む子育て

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3