ブログランキング16

ジンさんのセックス~時々 妄想

昔のエロ話書いてます!妄想あり。あの人と再会したら?官能&恋愛小説も書いてます!

  • 記事数 1365
  • 読者 2167
  • 昨日のアクセス数 23899

小説)女心と空模様116

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2016/11/08 22:00:04

  • 113
  • 1

パジャマのボタンをお互いに外す。早くその肌に触れたくて、触れてほしくて、自ら脱いでいく。お互いの呼吸が熱くなる。

「そんなにして…欲しかったの?」
彼がニヤリと笑う。
「…うん…早く…」
あっという間に生まれたままの姿になる。

彼の手が私の秘所にのびる。
「何…これ…」
ソコに触れた彼が私を見る。
「どうして濡れてる?」
「あ……それは…」
「期待して……だけじゃないな…」
私を見下ろす彼の少し怖い顔。いつもはゆっくりと触れるソコに、指を一気に入れた。
「は!ああ!」
「俺のいない夜に…何してた?」
「…ん…ぁぁ…」
中を掻き回すように指が動く。

優真を思って一人でしてた……
なんて…恥ずかしくて…

私は唇を噛み締める。

「言えないことでもしたのか?ん?」
「そんな…こと……ない…んん!」
私の中を彼の太い指が蠢く。私のソコからはすでに卑猥な音が聞こえていた。

ぁぁ…気持ちいい……

指が不意に動きを止めた。彼を見上げる。

「言わないなら…このままだよ?」
「あ……」

そんな……

無意識に腰が動く。体がもっとと欲している。

「……優真……の香りがして……一人で…」
「一人で…何?」
その先の言葉を彼は知っている。
「一人で……触って…ん!」
派手な水音をたてて、指が抜かれた。私から離れ、彼が胡座をかいた。

「へぇ……どんな風に?」
「あ…あの…」
「見たいな…してみて?」
私は上半身を起こし、彼を見る。彼は先程まで、私の中にあった指を舐めた。
「聞こえた?してみて……」
あぐらに肩肘をつき、そこに顔をのせて私を見る。その目は私の心も体も支配していた。

同じテーマの記事

コメント1

しおりをはさむ

  1. モモカさん(37歳)ID:5556542・11/08

    待ってましたー♡♡♡

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/5 編集部Pick up!!

  1. 結婚式に乳児を連れて行くか悩む
  2. 幼稚園の争奪戦に出遅れてしまう
  3. 嫌いな友人から結婚式の招待

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3