ブログランキング9

Fictions

卒業後の千晴と藤田先生編

  • 記事数 371
  • 読者 2016
  • 昨日のアクセス数 34449

テーマ:小説 > 恋愛

2016/11/08 19:09:35

  • 226
  • 0

その翌日は、体が重くて、まるで鉛のよう。
学校に行けるような精神状態ではなく、母に学校を休むと言った。

今まで、こんな休み方をしたことはなかったから、行きなさいと言われるかと身構えたが、母は学校に連絡を入れてくれた。


私が休むことで村上先生に誤解を与えたくなかったが、そこまで気も回らず、どう伝えればいいのかもわからなくて、スマホを手にとっては置き、手にとっては…を繰り返していた。


義父がいるこの家にいるのは嫌だったが、部屋には鍵をかけて一日中寝ていた。昼食時には一度声を掛けられたが、食欲もないので断った。

枕を涙で濡らし、遥と交わした言葉や、笑顔を思い出すと、会いたい気持ちで胸が苦しかった。


いっつもふざけてばっかりだったのに…
昨日の遥は、見たことないぐらい素直で。



『好きだ』って、たくさん…

何度も言ってくれた。





私も、遥がいる街に行きたい。
どうすれば行けるのだろう…



そうして一日過ごし、夜中にメールが来た。村上先生からだった。
『具合はどう?』と体を気遣うものだった。


少し悩んだが、先生に電話をした。
拍子抜けするぐらい普段と変わらない受け答えをする先生。
私を抱いたことで葛藤もあっただろうが、それを感じさせなかった。


「先生…昨日はごめんなさい」

『いいや。俺こそ…大人げないことをした』



村上先生は、謝りたかったと言っていた。
簡単に乗るべきじゃなかったと。


私も、その場の寂しさをたやすく埋めるために先生の温かさにすがった。そんなことをしたって、何も埋まらなかったのに。

村上先生も、私も、恋に落ちることはない。



『浅野と会ったんだろ。あいつ、今日登校したよ。手続きとかあったからね』

「来てたの…?」

『キレられたよ…碧に何してんだって。返す言葉がなかったよ』



先生は終始穏やかで。
もうふらふらするなよと言い、明日は学校に来るようにと電話を切った。

同じテーマの記事

  • 225日前
  • 314日前
  • 274日前
  • 294日前

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 報告

    04/24

    夕方学校に電話をした。担任の先生に繋いでいただき、...

  2. 始まり④

    2015/11/21

    先生のことが好きでもうどうしたらいいかわからなかった。「...

  1. #私と母#母は、あまり笑った所を見たことがなくて、い...

  2. でも、先生はずーっと1人苦しんでたんだよね。。先生を苦し...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

2/28 編集部Pick up!!

  1. 膝の上に子を座らせ自動車を運転
  2. 口臭を指摘したら無視が始まった
  3. 他県に馬鹿にされると腹が立つ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3