Love Story …

切ない恋の物語 

  • 記事数 215
  • 読者 1025
  • 昨日のアクセス数 49

高校時代151

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2016/11/08 13:03:20

  • 185

気付けば


駅までに続く道のりは
静かになっていて

私達は


ゆっくりと駅に向かって歩き始めた。


「遅くなっちゃったな。」


「……うん。」


色々な話をしたせいか


何だか、物凄く
時間が経過したような気がした。


話したい事は沢山あるのに


お互いに、何故か言葉が出なくて…


無言のまま気が付けば


駅に到着していた。


「次の電車まであと25分だって。」


「ちょうど行っちゃったばかりみたいだな。」


「だね。」


「帰り…時間、大丈夫か?」


「純平と一緒って言ってあるから大丈夫。」


「そっか。」


「うん…」


「このまま…帰りたくないな…」


「え?」


「まゆと…もっと一緒にいたい。」


私を見下ろす彼の瞳は
妙に色っぽくて


その一言に

一気に全身が熱くなり


無性に…


彼に抱きつきたい衝動にかられた。


最近は、こんな事がよくあって


身体の奥底に感じる自分の変化に


戸惑いを隠せない。


「あたしも…だよ。」


駅には、また人混みはあって

あまりいちゃいちゃする事はできない。

彼の服の裾をちょこんと掴むと


その上から被せるように
ぎゅっと手を握ってくれた。


…暖かい。


彼と一緒にいるからだろうか


不思議と


不安とかそういう気持ちは消え去っていて


とてもとても穏やかな時間だった。


彼に寄り添い
駅の構内を見渡すと


ちょっぴりレトロな
カレンダーが張り付けてあった。


ぼーっと見つめていると、ふと


来月に彼の誕生日がある事を思い出した。


「ねぇ、純平?」


「ん?」


「来月…誕生日だよね?」


「うん…そうだけど…俺、教えたっけ?」


「うん。知り合った頃に聞いたよ。」


「よく覚えてるな。」


「私ね、人の誕生日覚えるの趣味なの。


林家ぺーってみんなに言われる(笑)」


「何だ、そりゃw」


純平がクスクスと笑い出す。


そこから、話が盛り上がって


さっきとはうってかわって


次から次へと話が止まらなかった。




*

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 言って…しまった…言ってはいけないと思っていたのに...

  2. 駅のホームは平日とは思えないぐらいの物凄い人だかりだった...

  1. そんな私に気づく様子もなく笑いながら、純平に突っ込む奈...

  2. 彼の言葉にどう返していいかわからずその場でフリーズしてし...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

5/23 編集部Pick up!!

  1. ママ友に苛々した出来事トップ3
  2. 子連れに謝罪され感じたこと
  3. 出したゴミを漁る姑が気持ち悪い

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3