アヤノのフィクションROOM

マイペース更新です💦 ツバサとタケルの恋編

  • 記事数 505
  • 読者 255
  • 昨日のアクセス数 1469

Rei is life 208

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2016/11/14 09:10:16

  • 40
  • 0

胸への愛撫が始まった


左右の先端を交互に口に含み音をたてながら
チュッチュッと吸い付く
その度に艶やかな声が漏れた


レイ
「あん・・・はぁん・・・」


胸から離れ下に降りていきズボンに手をかけ
下着と一緒に剥ぎ取られる


足を閉じ恥ずかしさのあまり隠してしまう


ユウヤ
「ダメ❗ちゃんと見せて?お仕置きしちゃうよ?」


レイ
「だって・・・・・」


ユウヤ
「じゃぁ始めからやり直そっと🎵」


また唇へのキスから始まり
ユウヤの思惑通りレイはトロトロになり
足を閉じることも恥ずかしさも忘れていた


一瞬でレイの足の間に入り指で蜜を掬い
一番敏感な突起に塗った


少し触れただけなのに
レイ
「はぁぁぁん❗いやぁ・・・・・」


また蜜を掬い今度は早いスピードで擦り始めた


レイ
「あああああああん❗いやぁー❗」


ユウヤ
「イヤじゃないだろ?イヤならやめようか?」


レイ
「ダメぇぇ❗や・・・めちゃ・・ダメぇぇ❗」


ユウヤ
「いいこだ🎵イク時はちゃんと言わないと
ダメだからな❗」


レイ
「あっ❗あああん・・イッ・・クゥゥゥゥ❗❗」


ユウヤ
「イケ❗イッちゃえ❗」


そのまま腰を浮かせ背中を反らしながら
ビクンビクンと痙攣させイッてしまった


レイ
「はぁはぁはぁはぁ・・・・」


レイは肩で息をするほど息が上がっていたが
ユウヤは間髪入れずにいきなり指二本を
蜜が滴る口に突き刺した


レイ
「はぁはぁ・・・・はああああああん❗
ま・・だダ・・・・・メーーーーー❗」


ユウヤ
「レイの中凄いトロトロで俺の指に
吸い付いて飲み込んでいくよ🎵」


レイ
「言わないで・・・ふはぁん❗激し・・・・い・・・」


指を入れたまま顔を近づけ
指で押し広げペロンと突起を舐め続けた


レイ
「ひゃんっ❗またイッちゃう❗」


『ジュポジュポ パンパンパン』
『チロチロ ジュルジュル』


イヤらしい音だけが部屋に響くなかまた


レイ
「イク❗あああああああん❗イックゥゥゥゥ❗」
頭が真っ白になり意識を飛ばした








同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. レイ「イヤ・・・言わないで❗」恥ずかしい事を言われても感じ...

  2. 今度はちゃんと意識があるから(笑)キスだけで漏れてしまう声...

  1. 愛液を突起に擦り付け始めから強い刺激思わず喘いでしまう...

  2. 直接触れる手が暖かくて心まで暖かくなるさっきまでと同じ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

3/24 編集部Pick up!!

  1. 少子化について語る男性に苛々
  2. 男の子の髪を長く伸ばす理由は
  3. 隣人の子に挨拶無視され寂しい

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3