アヤノのフィクションROOM

マイペース更新です💦 新作書いてます🎵

  • 記事数 580
  • 読者 245
  • 昨日のアクセス数 1693

Rei is life 198

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2016/11/10 11:46:50

  • 49
  • 0

急いでシャワーを浴びて駅に向かった
ベンチに座り時折携帯を見たり
辺りをキョロキョロと確認するタクミ先輩
そんな中二人の話し声が聞こえてきた


タクミ
「おせぇんだけど❗」
イタル
「まぁ急だったしな(笑)」
タクミ
「ってかヤってんじゃねぇの?」
イタル
「無いことはないな(笑)」
タクミ
「さみぃ❗腹へったぁ❗レイちゃんに会いてぇ🎵」
イタル
「(笑)」


レイは顔を赤くしながら近づき
ユウヤはタクミの最後の一言に怒りながら近づいた


ユウヤ
「お前何言ってた?会いてぇとか聞こえたんだけど」


タクミ
「あぁ❗レイちゃんに会いてぇなぁと思って❤」


ユウヤ
「バカなこと思うな❗連れていかねぇぞ❗」


イタル
「タクミ、本気かもよ~(笑)」


タクミ
「そうそう❗っておせぇよ❗
お前❗まさかだよな❗」


ユウヤ
「そのまさかだよ❗何がわりぃんだ❗」


レイ
「ちょ❗ちょっと❗(*/□\*)」


タクミ
「いやぁ~レイちゃん真っ赤っか❤
可愛くて食べちゃいたい🎵」


ユウヤ
「もう付き合いきれねぇわ(´~`)
今からファミレスな❗行くぞ❗」


イタル
「レイちゃん家は~?手料理じゃないの~⤵」


ユウヤ
「食べ盛りの男子3人分なんか大変だろ?
食ったらレイん家な❗」


タクミ
「りょ~❗」


一行は駅前のファミレスに向かい
思い思い注文する


食べている最中もお喋り←タクミ先輩
が止まらなく一人弾丸トークショー(笑)








同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 皆に無視され撃沈したユウヤもくもくとひたすら食べていた(笑...

  2. レイ「ユキナネェに会いたいから🎵」ユウヤ「何でネ...

  1. ハルの告白はあったがその後は特に何もなく合宿が終わった...

  2. レイ「あは!あはははははは(爆笑)」思ってもみなかった...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

5/28 編集部Pick up!!

  1. 結婚することを親に言えずにいる
  2. お腹の子に「浮腫」ありパニック
  3. 勉強せず公務員試験を受ける予定

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3