ブログランキング63

Rei is Life

フィクションラブストーリー❤ レイの恋物語🌟

  • 記事数 261
  • 読者 167
  • 昨日のアクセス数 4940

Rei is life 192

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2016/11/08 14:34:21

  • 37
  • 0

荷物を持ち出発した
途中、ハルを見かけた場所が気になり
視線を向けたが誰もおらず
気になっていたがどうすることもできないので
モヤモヤが広がっていった


学校に着き先に来ていた部員に挨拶をし
マネの仕事の準備を始める


ユウヤ
「あんま無理すんなよ?」


レイ
「うん🎵ありがとう❤頑張ってね🎵」


ユウヤ
「おぅ❗やる気出たー🎵」


レイ
「(笑)」


アカネ
「レイちゃん、おはよう👋😃☀」


レイ
「おはようございます❗宜しくお願いします❗」


まだまだマネの仕事は完璧にはできないけれど
何となく流れはわかってきた


午前の部は怪我人もなく無事に終了
昼食の時間になった


アカネ
「レイちゃん、一緒に食べない?」


レイ
「あっ❗はい・・・・・ユウヤも一緒ですが・・・」


アカネ
「あっマジ❗じゃ私は遠慮しとくわ🎵」


レイ
「いえ❗多分タクミ先輩達も一緒なので
それでもよければご一緒させてください🎵」


アカネ
「いいの⁉邪魔じゃない?」


レイ
「邪魔だなんて❗とんでもないです❗」


アカネ
「じゃお言葉に甘えて🎶」


アカネ先輩が参加することになり
準備をしていると例の3人衆が小走りでやって来た


タクミ
「お疲れぇ❗おっじゃまぁ🎵」


イタル
「ご招待いただきありがとう❗(笑)」


ユウヤ
「邪魔だと思うなら帰れ❗
招待なんかするか❗」


わちゃわちゃと言い合いながら
なぜかユウヤはレイの後ろに座り
足を広げレイの腰に腕を回しガッチリと捕まった


レイ
「ちょ、ちょっと❗何してるの?
離して?食べづらいでしょ❗」


ユウヤ
「何してるの?ってくっついてんの❗」


レイ
「いやいや(笑)
ご飯食べるんだからちゃんと座ろうよ(笑)」


アカネ
「ユウヤ❗もういちゃいちゃ禁止って言ったよね?」
凄い睨みをきかせてみるアカネ先輩💦


ユウヤ
「はい❗すみません❗」
急におとなしくなりみんな爆笑😆💣✨


タクミ
「お前は俺とイタルの間ね❗
隣にいても危ないだろ(笑)」


ユウヤ
「勘弁してよ❗何でだよ💢」
ぶつぶつと文句を言っていたが皆に無視され撃沈(笑)






同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/3 編集部Pick up!!

  1. 床暖房を設置 光熱費にビビる
  2. パーティ不参加でゲキ切れされる
  3. 母親教室の参加者にビクビクする

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3