ブログランキング74

【小説】ボク恋~大学生編~(BL*R18)

性懲りもなくBLです。BLとは男子と男子が愛し合う事です。ご注意ください。

  • 記事数 1745
  • 読者 475
  • 昨日のアクセス数 3771

不正侵入【322】

しおりをはさむ

テーマ:小説 > BL

2016/11/08 17:23:45

  • 48
  • 2

★ボクはそれでも恋をする★       





シンはそのままシーツにくるまり、眠って
しまった。
ユウキは熱い喉を擦りながら、ベッドルーム
を静かに出て行った。



深夜


シンの隣りでユウキが眠っている。
ふと、目を覚ましたシンは、そっとベッドを
抜け出し、自分の部屋へやってきた。

机に向かいPCを立ち上げ、ユウキの
考えた練習メニューを確認し、ブラウザーを
立ち上げた。

こっそりと隠してあるお気に入りフォルダを
開き、あるアイコンをクリックしPWを
打ち込んた。


『ポーン』


ロックが解除され、HPが開いた。
そこには『壬生福祉大学 学生掲示板』と
あり、在校生でないと見られない、ページ
が開いていた。

シンはセキュリティーを掻い潜り、毎日
の様に3年生のページをチェックする。


「えぇ~っと、今日は……休講はなしか。
ん?交換学生……アイツが好きそうだな…」


画面を拡大して、内容を見る。


「海外か……って、カリフォルニア大学ぅ」


しかも、もう候補学生の発表がある。


「グローバル専科?アイツの学科とは違う
んだな……木村卓也と香取幸美……なんだ
アイツじゃないんだ」


シンはホッとしたような、がっかりした
ような複雑な気持ちで画面を下へスクロール
した。


「あっ」


そこに【補欠 梶 タクミ】とあった。


「補欠かぁ。じゃあダメじゃん」


やはり、がっかりの方が大きかった。
そして、シンも【補欠】の定義を誤って
いたのだった。


カチャ


「何してるの?」


突如、寝てるはずのユウキが背後に
やってきた。

慌ててシンはPCの画面をパタンと閉じ、
どぎまぎして振りえると、マグカップを
持ったユウキがいる。


「えっと、れ、練習メニューをだな…」

「また、ウソつく」

「ウソじゃねぇって」

「俺、知ってるんだ。シンがバカチビの
大学のサイト、ハッキングしてんの」

「………」


ユウキはカップを机の隅に置き、背後から
シンを抱きしめた。







△(ー_ー)

同じテーマの記事

コメント2

しおりをはさむ

  1. ☆エリス☆さん(36歳)ID:5560042・11/09

    キャロラインさん

    そうですかぁ。
    まあ、この2人がくっつく予定は
    全くなかったので、エリスも若干
    違和感を感じております(笑)

    シンが沖高校のエリートだったことを
    思い出して下さり、ありがとうございます。

  2. キャロラインさん(40歳)ID:5556595・11/08

    あ〜、この二人はまだ私にはきついなぁ(T^T)
    付き合ってた頃のたっくんの気持ちと、今のユウキの気持ち、どっちもわかるシンはこのままユウキといられるの??2人とも諦めて、しばらく1人で頑張れないのかな・・・( •́ㅿ•̀。 )
    切ないです、エリスさん💧

    でもハッキングなんてさすが!沖の情報科(*º ロ º *)!!(←捕まらないでね、シン😏)

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/4 編集部Pick up!!

  1. 不妊治療する人は金持ち多いのか
  2. 義母からのLINEが気持ち悪い
  3. パーティ不参加でゲキ切れされる

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3