母親?人妻?…それでも女。貪欲に生きる私。

ギャンブルも、不倫も、借金もしてます。これが今の私の現状です。

  • 記事数 647
  • 読者 934
  • 昨日のアクセス数 4524

550、⚪⚪カフェにて、、、

しおりをはさむ

2016/11/06 21:09:04

  • 79
  • 10

青葉くんからメールが来たのは
それから、1週間がたっていた。


「ののさん、遅くなってすみません。
稲田さんの連絡先わかって、やっと
連絡着きました。

ののさん、会いますか?
一人で会えないなら俺たちも着いていきますか?」


私は、青葉くんに甘えたい気持ちを
我慢して

「自分の事だから、自分でなんとかする。
稲田に会える日と時間を聞いておいてもらえる?
私からは連絡しないから。」



「わかりました。また、必ず連絡しますね。」





本当は、青葉くんとかが来てくれたほうが
気持ちが楽だ。
そして、居てもらった方が爆発したとき
止めてもらえる。
でも、でも、巻き込みたくなかった。
誰も嫌な思いして欲しくなかった。
相変わらず、無言電話は続いている、、、
早く終わりにしたい。
それだけだった。






青葉くんが日時を教えてくれた。
3日後の13時、⚪⚪カフェ。



私は、自分でも感じていた。
愛は、、、時として憎しみに変わる。
私にも小さいが、その芽が出てきていた。






3日はあっという間に過ぎた。
私は午前中、掃除を手早く終わらせて
少し早めに家を出た。
カフェの近くに車を止めて、歩く。
もうワクワクや、ドキドキという感情はない。
ただ無、、、
私はカフェに入って、個室を希望した。
案内されて、先に座って珈琲を頼んだ。
店員さんに、⚪⚪と言います。その名前を言う
男の人が来たら通して下さいと頼んだ。

スマホを見たりして、時間を潰すこともせず
無で一点を見ていた。




13時を少し過ぎた頃、、、
「⚪⚪様、お連れ様がお越しです。」



「はい、どーぞ。」




そういうと、現れたのは
稲田と、見たことのない男の人が立っていた。
私は一瞬で、わかった。
でも、笑顔で
どーぞと、言うのがやっとだった。
テーブルの下の足がガクガクと震えているのを
隠すのに必死だった。






私は、なんでここにいるんだろう。







稲田と男の人は、私の目の前に座った。

同じテーマの記事

コメント10

しおりをはさむ

  1. ナタリアさん(37歳)ID:5555210・11/08

    ビビアーナさん

    お願いします。
    私がビビアーナさんを守りますから👊

  2. ナタリアさん(37歳)ID:5555184・11/08

    ルナさん

    良くないと思います(笑)!!

  3. ナタリアさん(37歳)ID:5555171・11/08

    エミリーさん

    本当ですよ💢なんで??でした。

もっと見る

関連するブログ記事

  1. スズキさんの連絡を待ちに待ちすぎて、だんだん今日会う約...

  2. タケシと会える日まで一週間きった。ドキドキ普段は会えない...

  1. 惹かれる

    2015/08/09

    実は恋愛に関してかなり消極的な私。男の子に連絡先を効いたこ...

  2. こんにちは。やっと夏休みも終わり、子供たちは学校です。...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/11 編集部Pick up!!

  1. 認知症の義母に腹が立ってきた
  2. 相談なく勝手に同居を決められた
  3. 東京都民じゃなくて良かった

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3